ERCキプロス:カエタノビッチが大差で今季2勝目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCキプロス:カエタノビッチが大差で今季2勝目

©ERC

ERC第8戦キプロスラリー(グラベルとターマックのミックス)は9月27日、フィニッシュを迎え、カエタン・カエタノビッチ(フォード・フィエスタR5)が4分半近くの大差をつけて圧勝を飾った。

ERC

ERC

このラリーに設定された16SS中、14SSでステージベストを刻んだカエタン・カエタノビッチは、SS12でステージ上の石を避けられず、この衝撃でパワーステアリングが機能しなくなるトラブルにも見舞われた。エンジンを3回再始動させるなど自力で修復を試み、タイムロスを最小限に抑えた。カエタノビッチはこれで今季2勝目。ベスト7戦のポイントが対象となるERCは、今季残すところ2戦となり、選手権争いに向けては大きな一勝となった。

「信じられないようなラリーだったよ」とカエタノビッチ。
「最初から最後まで、とにかくハードにプッシュした。たくさんのドライバーがトラブルに見舞われ、本当にキプロスラリーの難しさが如実に表れたと思う。チームとしていい仕事ができた。選手権争いに向けて、本当に重要な勝利だ」

ERC

ERC

前日2位のブルーノ・マガリエス(プジョー208 T16)は、マシン内にダストが入り込み呼吸ができず視界も奪われるアクシデント。エンジン温度を抑えるために稼働していたヒーターをオフにしてエアベンチから入り込んでいたダストを止め、何とかポジションを堅守した。

エンジンのオーバーヒートに悩まされて前日4位にとどまっていたロベルト・コンサニ(シトロエン DS 3 R5)は、この日マシンの調子をにらみながらの走行を堅実に続け、順位を一つ上げての3位でポディウムフィニッシュを果たした。そのコンサニと3位争いをしていたヤロミール・タラバス(シュコダ・ファビアS2000)は、この日最初の2本でコースオフを2回喫するなど苦戦。最後にはパンクで、4位に後退となった。

ERC次戦、第9戦アクロポリスラリー(グラベルとターマックのミックス)は10月9−11日、ルートラキを拠点に開催される。

ERCキプロスラリー 最終結果
1. K.カエタノビッチ(フォード・フィエスタR5) 2:08:45.4
2. B.マガリエス(プジョー208 T16) +4m25.1s
3. R.コンサニ(シトロエン DS3 R5) +5m36.0s
4. J.タラバス(シュコダ・ファビアS2000) +6m09.8s
5. A.ルキヤナク(フォード・フィエスタR5) +7m15.5s

ワールドラリーカレンダー2019