WRCオーストラリア・ポスト会見「先頭走行が大きな経験になっている」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCオーストラリア・ポスト会見「先頭走行が大きな経験になっている」

©VOLKSWAGEN

WRCラリーオーストラリアのフィニッシュ後に行われたイベントカンファレンスの内容(抜粋)。今季は先頭スタートの不利を背負いながら早々にタイトルを決めたオジエ。砂利履き役にも慣れ、それが経験にもなっていると語った。

●WRCポストイベントカンファレンス出席者
1位:セバスチャン・オジエ=SO(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
1位:ジュリアン・イングラシア=JI(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
2位:ヤリマティ・ラトバラ=J-ML(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
2位:ミーカ・アンティラ=MA(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
3位:クリス・ミーク=KM(シトロエン・トタル・アブダビWRT)
3位:ポール・ネイグル=PN(シトロエン・トタル・アブダビWRT)
ヨースト・カピート=JC、フォルクスワーゲン・モータースポーツ代表

Q: セブ、世界チャンピオンの座を決めた大一番の週末になった。今の気分は。
SO:もちろん、気分はいいよ。レッキでここの道を見て、先頭でこの道を走って勝てるなんて不可能だって、みんな思っていた。かなり不可能に近いように見えたが、でも僕はいつでも挑んでいくし、今回はその不利を埋めるためにもっとがんばったよ。最初の2日間は間違いなくハードだったが、このイベントで一番のパフォーマンスが出せた。とても誇りに思うし、チームのことも誇りに思う。口で言うのは簡単だが、本当に心から感謝している。みんなが一丸となって、この素晴らしいパフォーマンスを生み出したんだ。

Q: 3度目のタイトルは何か違うか。
SO:そうだね、数字が違うかな! 少なくとも僕にとっては、初めてのタイトルが一番印象が強い。そのために何年もがんばってきたから、すごく安心したよね。でも2回目のタイトルでラッキーじゃなかったと言えるようになった。3回目まで継続できたことは素晴らしい。でも、僕にとっては、どんどん強くなっているということが重要。10戦を終えて、ここまで完璧なシーズンだ。大きなミスもなく、マシンも小さなトラブル一つない。モータースポーツではあり得ないほどの話だ。

Q:ライバルたちは、君がまだまだ強くなるんじゃないかと心配しているのでは。
SO:なれるとは言わない。横柄にはなりたくないからね。僕は常に、どうすればよくできるか、何が改善できるかを考え続けている。疑問に思う部分もあるが、人間だからね。疑問を持つことは大切だし、それが自分を成長させてくれる。今年以上によくなれるのは難しい。目標はこのレベルを維持していくことだ。

Q:この週末はリスクを負ったか。
SO:もちろん。ムチャをしたわけじゃない。常にコントロールできている感触はあったが、人間だから何も起きないとは言えない。先頭走行なのでグリップレベルはとても低く、ラインをなぞっていてもバランスは不安定だった。そりゃハードだったが、慣れてきた。何戦も同じ走行順で走っているから、先頭走行での経験を活かせるようになってきた。でも、自分のフラストレーションとの戦いが続き、完璧なステージだったと思ってもタイムをロスする。日曜日を待つしかない。今日は、このようなステージをすべて走り切って勝つことができて、本当によかった。

Q:残り3戦での目標は。
SO:まだ考えていない。今は祝福したいね。明日は、フランクフルトモーターショーで、いいお祝いができると思う。チームと一緒に祝うことはできないが、ジュリアン、ヨースト、アンドレ、僕の奥さんと、飛行機の中で何か特別なことをしたいね。もちろん、シーズンの終わりにはリラックスする。コルシカは、みんなにとって新しい経験だ。あそこに行くのがハッピーじゃない人もいるが、ドライバーにとってはいいチャレンジだ。今は、よりいい記録を残して、シーズンの終わりまでこのレベルを維持していくことだけを考えていける。目標は、ミスを一切しないでシーズンを終わること。これまで実現できたことはないが、あと3戦だ。

Q:ジュリアン、おめでとう。今の気分は。
JI:人生は本当に不公平だって言いたいね。ヨーロッパでは朝の8時だけど、僕の友達はみんな、僕を祝って今から飲んだくれてるんだ! 僕はドーピングチェックがあるから、プレスコンファレンスまで水しか飲めない。本当に不公平だ!

Q:絶好調なのは止まらないのでは。
JI:それにはいろいろ過程がある。僕らは常に成長を目指している。一歩一歩だが、それが積み重なっている。いつも言うように、マシンの中にいる2人だけじゃない。フォルクルワーゲンという200人のチームだ。10年前に一緒に組み始めた時、3回も世界チャンピオンになれるなんて、誰が思っていただろうって思い出す。自分自身でもまだ信じられないよ。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

Q:ヤリマティ、今日はセブに追いつくために全力を尽くしたが、悔しさはあるか。
J-ML:手短に言うが、彼らに追いつけるのは飛行機だけ! 土曜日の午前中や中速コーナーで勢いが足りなかった。もっと成長しなくては。

Q:勢いという点では、何が原因か。時差ボケか。
J-ML:自分でもまだ答えが見つかっていない。次はもっと答えられるようにするよ。

Q:本来の力が戻って、来年はタイトル争いを狙うか。
J-ML:そうだね。

Q:成長するために何をするのか。
J-ML:全体的なことで少し変化を加えていく。

Q:ミーカ、今の気分は。
MA:僕はもっと手短に言えるよ。セブとジュリアンには脱帽!

Q:マニュファクチャラーズタイトル獲得に、君も多大な貢献をしている。これは特別なことでは。
MA:もちろん、チーム全体にとって、3年連続マニュファクチャラーズタイトル獲得したことは、本当に名誉なことだ。これを達成するために、本当にがんばってきた。

CITROEN

CITROEN

Q:クリス、今回もフォルクルワーゲン勢に割って入り、ポディウムに上がった。今の気分は。
KM:今回はいくつかトラブルがあったが、今はとてもハッピーだ。この週末は安定感があった。走行順がよかったので、特別なことが起こるんじゃないかと半分期待していたが、最終的に彼らは強過ぎた。走行順の有利を最大限に活かすことができなくて悔しいね。でも、今日の午前は本来のペースが発揮できた。いくつかミスはあったが、シーズンの今の段階でここに上がっていることは、来年も戦える実力があるということ。そこが重要だ。

Q:イブ(マトン)は、ここ3戦の進捗を見て判断すると言っていたが、充分発揮できたと思うか。
KM:分からないね。彼とは話をしていない。契約についての話し合いはしていないし、たぶんイブだけではなく、たくさんの人と話をしなくてはならない。僕はとにかく、来年もWRCで走ることを確定させなくてはならない。

Q:土曜日の午前にハードタイヤを選んでいたら、もっとチャンスがあったと思うか。
KM:そんなことは分からない。妥当な選択だったし、最悪な状況でもなかった。ヘイデン・パッドンのタイムを見れば、10番手からの走行で金曜日は上位のタイムと競り合うかそれ以上だった。一ループで15秒ギャップを築いたし、もし15秒貯金があったらとは思うが、そうはならなかった。ポイントを獲得できてポディウムに上がれて、ハッピーだ。それに、最初に言うべきだったが、セブ、ジュリアン、そしてフォルクルワーゲンはお見事だった。彼らは非常に高いところにターゲットを掲げている。僕らもみんなそれを目指して達成しなくてはならない。

Q:コルシカを楽しみにしているか。
KM:ドライバー目線で言えば、伝統的なイベントだ。JWRCで何度か参戦したが、世界で最もエンジョイできるラリーの一つだ。今回は新しいステージもあるが、とても楽しみにしている。DS 3は舗装でかなり強いから、コルシカが楽しみだね。

Q:ポール、またポディウムに上がれてうれしいのでは。
PN:素晴らしい週末だった。ほぼ完璧に近い。金曜日、土曜日は首位に立ったし、週末を通してバトルを続けていた。ポディウムにまた上がれて、メディアコンファレンスに出席できて、うれしいよ。新鮮な空気が吸えるし、肩の荷も少し降りた。

Q:ヨースト、おめでとう。この結果に、チームとしての気分は。
JC:チームは素晴らしいよ。みんなが、この成果を誇りに思っていい。最初のシーズンに全てのタイトルを獲得し、それを防衛し、今回は3年連続で守った。チームの誰もがラリーを愛しているし、フォルクルワーゲンやラリーのために戦っていることを誇りに思う。

Q:これ以上、できることはあるか。
JC:いつでも成長はできると思っている。ラリーの度に、後でどこでミスをしたか、どこがよくなかったかを検証し、成長するために必死で取り組んでいる。これがモチベーションだ。チームは、始まった時と同じようにハングリーだ。全開で取り組んでいる。2016年、2017年も、同じ位置にいられるために必死でがんばっている。

Q:今季残りのイベントでは何を期待しているか。
JC:これまで目にしてきたことを続けていきたい。素晴らしい戦いだ。そして、我々のクルーだけではない。クリス(ミーク)は強敵だ。それに若手も台頭してきている。素晴らしいラリー、素晴らしい戦いを観たい。そして、今年のうちにアンドレアスの初勝利が見たいね。

ワールドラリーカレンダー2019