<次号予告>WRC PLUS vol.7はカローラWRC特集! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

<次号予告>WRC PLUS vol.7はカローラWRC特集!

 

<次号予告>WRC PLUS vol.7はカローラWRC特集!

……はい、やっと本誌のすべてのページが出来上がりました。WRC PLUS編集部たけぶぅです。

10月10日発売号をなぜこんな時期まで作っているかというと、今号はどうしても10月4〜5日に行なわれたWRCカタルーニャを(APRCインドネシアも)含めるために、土日返上での速報体制を敷いていたのです。

もちろんその理由は、もしかするとこの週末でチャンピオンが決まってしまう可能性があったから。ローブとヒルボネン、どちらかがリタイアでもしようものなら一気に勝負がついてしまったかもしれませんものね。

それに、今年は本誌は2カ月に1回の発売のため、すぐに旬を過ぎてしまいます……。結果的には最もスペクタクルな展開になりましたね。GBの結果が楽しみです。

さて、WRC PLUS vol.07の本誌はカローラWRCです。

トヨタが、カローラがWRCからいなくなって10年。愛らしくもニクいほどの速さを見せたカローラWRCを、穴の空くほど眺めてどっぷり楽しんでください。おそらく永久保存版です。

ちなみに、今回はあの古岡修一さんのイラストもこっそり(というかドッサリ)しのばせました。ということは……言わずもがな、ですね。楽しみにお待ちください。

そして恒例の特別付録DVDには、渦中の人、ミッコ・ヒルボネンのインタビューを収録しました。ローブに対して1ポイントリードして最終戦を迎えていることがいまの彼の実力を示していると言えます。果たして最終戦GBはどうなるのか! この模様は12月10日発売のWRC PLUSでもきっちり総括します。

また、オーストラリアでデビューしたトヨタ・カローラS2000も、コガッちの解説入りでばっちり押さえてきました。

暫定チャンピオンが決まったPWRCオーストラリア、今年唯一の国際ラリーとなったAPRCラリー北海道のダイジェストもかなり見応えあります。ぜひぜひご家族と一緒にお楽しみくださいませ。

WRC PLUS 2009 vol.07
10月10日発売 価格1580円

[巻頭企画]
ローブvsヒルボネン
 09年WRC天王山 チャンピオンはどっちだ!?

ペター、C4に大感激!
 実戦で分かったチャンピオンカーの“実力”

トヨタ・カローラS2000 3年目の世界デビュー

[特集]
TOYOTA COROLLA WRC since 1997
カローラWRCは死なず

・インタビュー:ディディエ・オリオール
・TTE最後のラリーカー、その誕生と終焉
・’98カローラWRCスペシャルカラーリング完全再現
・プライベーターに愛され、駆け続けたワークスマシン
・カローラからカローラへ

[特別付録DVD]
ミッコ・ヒルボネン スペシャルインタビュー
トヨタ・カローラS2000マシン解説

[PWRC&APRCダイジェスト]
PWRC Rd.10 オーストラリア
APRC Rd.4 ラリー北海道

[企画]
覚醒、ミッコヒルボネン

フォードのウィルソン&シトロエンのケネル
これからのWRCはボスに聞け!

[インタビュー]
ヘニング・ソルベルグ

全日本ラリー選手権企画
勝田範彦 果たされたリベンジ
独自のアプローチで全日本ラリーに挑むインポートカー
二人三脚でラリー界を盛り上げる
 福永修とハセ・プロ・ラリーチームが目指すもの

ラリーレポート
WRC Rd.10オーストラリア/Rd.11カタルーニャ
PWRC Rd.7オーストラリア
JWRC Rd.8カタルーニャ
IRC Rd.7ポルトガル/Rd.8チェコ/Rd.9スペイン/Rd.10イタリア
APRC Rd.5マレーシア/Rd.6インドネシア
JRC Rd.6愛媛/Rd.7愛知
VitzChallenge Rd.4群馬

[連載]
ペター・ソルベルグのNEVER GIVE UP(2)
石原チーフメカのサービス日記(2)

[コラム]
川田輝/新井敏弘/奴田原文雄/田口勝彦



RALLY CARS