FIA、WRCの2010年カレンダーと規定を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

FIA、WRCの2010年カレンダーと規定を発表

 

 FIAは24日、ワールド・モータースポーツ・カウンシルで決定したWRC世界ラリー選手権に関する日程と、いくつかの決定事項を発表した。ミックスサーフェスイベントの許可や、2011年の1.6リッターターボエンジンの導入に関して触れられている。

 今回発表された内容によれば、WRCマシンのための1600ccターボエンジンの導入は、市販車のエンジンと同調して、導入が2011年に早められる。

 また、2010年からイベント主催者は、個々のイベントに独自性を持たせるために、スケジュールの柔軟性が与えられた。これによれば、ラリーのフィニッシュは土曜日、もしくは日曜日に行われなければならないものの、2日間、3日間、4日間のいずれかの日程で行うことができる。また、スペクタクルを増やすためにステージ内、もしくはデイごとのアイテナリーの中で、ターマックとグラベルが混在するミックスサーフェスイベントを実施することができる。

 また、S2000マシンのための『WRCカップ』が2010年の間導入されること、チームはヨーロッパ外の少なくともひとつを含む7ラウンドに参加しなければならないことなどが発表されている。

 日程面では、2月14日のスウェディッシュに始まり、11月14日のグレートブリテンで終わるスケジュールが発表されている。ラリージャパンは9月12日という日程でWRC復帰を果たした。

2010年WRC世界ラリー選手権カレンダー

日程 イベント名
2/14 スウェーデン
3/7 メキシコ
4/4 ヨルダン
4/18 トルコ
5/9 ニュージーランド
5/30 ポルトガル
7/11 ブルガリア*
8/1 フィンランド
8/22 ドイツ
9/12 日本
10/3 フランス
10/24 スペイン
11/14 グレートブリテン

*…オブザーバーのレポート待ち



ワールドラリーカレンダー2020