WRCポーランド:デイ2もトップ3は変わらず。オジェが4番手に – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:デイ2もトップ3は変わらず。オジェが4番手に

 

 WRC第8戦、ラリー・ポーランドのデイ2が6月27日(土)に行われた。3本のステージを午前と午後で2回走るトータル6本のSSが行われ、デイ1でトップに立ったミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)がポジションをキープ。2位はヤリ-マーティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)、3位はダニエル・ソルド(シトロエンC4 WRC)。上位3名のポジションはデイ1とまったく変わらなかった。

 相変わらずのすっきりとしない天気ではあるが雨が降らなかったために路面はほぼドライ。ポーランドのハイスピードグラベルステージをトップドライバーたちは信じられないような高いスピードで駆け抜けていく。そして、デイ1でリーダーとなったヒルボネンがデイ2に入っても安定した速さを示し順位を保つことに成功した。ヒルボネンの後方にはチームメイトのラトバラが迫っていたが、フォードはヒルボネンのタイトル獲得を優先すべく事実上のオーダーを発令。そのため午前中のセクションではフォードの2名はややペースを落とし気味に走った。しかし、3位のソルドがかなり速いペースで迫ってきたため午後に入るとフォードのふたりはペースアップ。なんとかソルドの追撃をかわし1-2体制を保った。

 4番手には前戦アクロポリスで2位ポディウムを得たセバスチャン・オジエが浮上してきた。シトロエン・ジュニアチームから出場のオジエはデイ1であまりにも速いコースに面食らっていたが、デイ2に入ると高速ステージにも慣れペター・ソルベルグ(シトロエン・クサラWRC)とヘニング・ソルベルグ(フォード・フォーカスRS WRC)を抜き去り4位でデイ2を締めくくった。5番手は何とか兄のヘニングを抑えたペター、6番手はヘニング。4番手、5番手、6番手はタイム差が拮抗しており最終日デイ3もまた接戦が展開されることが予想される。

 なお、同時開催のJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)では、R3カテゴリーマシンのルノー・クリオで出場のケビン・アブリングがデイ1に引き続きラリーリーダーの座をキープしている。

Rally Poland – Day 2 standings
Overall times after Day 2 / Top 20:

1. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC 2hours 21mins 45.8secs M
2. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 12.0secs M
3. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 38.5secs M
4. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +01mins 59.3secs A8
5. Petter Solberg PS WRT Citroen Xsara WRC +02mins 06.7secs A8
6. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +02mins 08.0secs MT
7. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +03mins 48.0secs MT
8. Krzysztof Holowczyc Stobart VK Ford Focus WRC +04mins 13.3secs A8
9. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +05mins 25.9secs MT
10. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC2008 +06mins 35.5secs A8
11. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC +16mins 50.2secs MT
12. Michal Bebenek Mitsubishi Lancer Evo IX +17mins 20.8secs N4
13. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC +19mins 19.6secs M
14. Kevin Abbring Renault Clio RS R3 +21mins 30.8secs J
15. Michal Kosciuszko Suzuki Swift S1600 +21mins 31.6secs J
16. Martin Prokop Citroen C2 S1600 +22mins 00.4secs J
17. Lukasz Sztuka Mitsubishi Lancer Evo IX +23mins 16.9secs N4
18. Yoann Bonato Suzuki Swift S1600 +25mins 02.5secs J
19. Valeriy Gorban Mitsubishi Lancer Evo IX +25mins 59.0secs N4
20. Vytautas Svedas Mitsubishi Lancer Evo IX +27mins 39.4secs N4

Overall JWRC after Day 2 / Top 3:
1. Kevin Abbring Renault Clio RS R3 2hours 43mins 16.6secs J
2. Michal Kosciuszko Suzuki Swift S1600 +00mins 00.8secs J
3. Martin Prokop Citroen C2 S1600 +00mins 29.6secs J
4. Yoann Bonato Suzuki Swift S1600 +03mins 31.7secs J
5. Hans Weijs Citroen C2 S1600 +06mins 53.1secs J
6. Simone Bertolotti Suzuki Swift S1600 +10mins 50.8secs J
7. Radoslaw Typa Suzuki Swift S1600 +14mins 52.7secs J
8. Luca Griotti Renault Clio R3 +21mins 51.1secs J
9. Marcin Dobrowolski Citroen C2 R2 +45mins 27.2secs J

Notable retirements:
SS4. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC Went off the road. M*
SS4/5. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC Went off the road. MT*
SS7. Andreas Mikkelsen Skoda Fabia WRC Engine. A8

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
J – denotes Junior WRC entry.

all times unofficial



RALLY CARS