WRCフィンランド デイ2:ヒルボネンがリードを拡大、母国ウインへ近づく。無念ライコネン転倒リタイア – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド デイ2:ヒルボネンがリードを拡大、母国ウインへ近づく。無念ライコネン転倒リタイア

 

 WRC第9戦、ラリー・フィンランドのデイ2が8月1日(土)に行われ、デイ1トップのミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)がラリーリーダーの座を守った。2位はセバスチャン・ローブ(シトロエンC4 WRC)と変わらないが、差はデイ1の3秒6から32秒へと大きく広がった。また、3位にはダニエル・ソルド(シトロエンC4WRC)をパスしたヤリ-マティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)が順位を上げている。

 明け方から朝にかけて強く降った雨がヒルボネンの躍進を助けた。デイ1を首位で終えデイ2も1番手スタートを担うことになったヒルボネンは、本来ならコース上のルーズグラベルに足をとられて苦戦するはずだった。しかし雨でルーズグラベルが落ち着きグリップ力がアップ。少し湿った路面でヒルボネンはオープニングステージからベストタイムを連発し、2位ローブとの差をジワジワと広げていった。
 そして、その差はSS15でローブがパンクをきっしたことで一気に26秒に拡大。それまで何とかヒルボネンにくらいついてきたローブだが、差が大きく広がったことで優勝の可能性が遠のいた。その後ヒルボネンはペースをコントロールし安全マージンをとった走りにシフトしたが、ローブとの差を32秒にまで広げてデイ2を締めくくった。

 激しさを増していた3位争いは、地元出身のラトバラがダニエル・ソルド(シトロエンC4WRC)をとらえてポディウム圏内に。ラトバラは食あたりに悩まされながらもフィンランド人としての意地をみせた。4位はソルド、5位はスポット出場のマッティ・ランタネン(フォード・フォーカスRS WRC)という順位になっている。

 残念だったのはグループNクラス3位につけていたF1元王者のキミ・ライコネン(フィアット/アバルト・グランデプントS2000)だ。ライコネンはクラストップレベルの速さで大健闘していたが、デイ2のファイナルステージであるSS19でコースアウト。マシンに大きなダメージを負いリタイアとなってしまった。
 ただしライコネンとコ・ドライバーに怪我はなく、ライコネンはいつかまたWRCに再出場することを宣言した。

 なお、同時開催のJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)では、シトロエンC2 S1600で出場のマルティン・プロコップがデイ1に続き首位となっている。

ラリー・フィンランド デイ2 結果
1. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC 2hours 27mins 35.8secs M
2. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 32.0secs M
3. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +01mins 08.3secs M
4. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +01mins 18.8secs M
5. Matti Rantanen Munchi’s Ford Focus RS WRC +04mins 10.6secs MT
6. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +04mins 28.1ecs MT
7. Jari Ketomaa Ketomaa WRT Subaru Impreza WRC +04mins 59.1secs A8
8. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +06mins 01.7secs MT

9. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +08mins 43.8secs A8
10. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +11mins 29.0secs A8
11. Federico Villagra Munchi’s Ford Focus RS WRC +12mins 18.0secs MT
12. Juho Ha¨nninen Skoda Fabia S2000 +12mins 45.3secs N4
13. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC2008 +14mins 45.2secs A8
14. Anton Ale´n Fiat Grande Punto S2000 +15mins 18.6secs N4
15. Patrik Flodin Subaru Impreza WRX Sti +17mins 35.6secs N4
16. Martin Prokop Citroen C2 S1600 +23mins 10.9secs J
17. Kalle Pinomaki Renault Clio R3 +23mins 39.6secs J
18. Mattias Therman Munchi’s Ford Focus RS WRC 08 +23mins 57.8secs A8
19. Jouni Arolainen Ford Focus RS WRC 05 +24mins 47.2secs A8
20. Michal Kosciuszko Suzuki Swift S1600 +26mins 33.2secs J

Overall JWRC after Day 2:
1. Martin Prokop Citroen C2 S1600 2hours 50mins 46.7secs J
2. Kalle Pinomaki Renault Clio R3 +00mins 28.7secs J
3. Michal Kosciuszko Suzuki Swift S1600 +03mins 22.3secs J
4. Aaron Burkart Suzuki Swift S1600 +03mins 58.3secs J
5. Mark Wallenwein Renault Clio R3 +11mins 45.1secs J
6. Simone Bertolotti Suzuki Swift S1600 +15mins 47.5secs J
7. Luca Griotti Renault Clio R3 +29mins 18.7secs J
8. Hans Weijs Citroen C2 S1600 +33mins 56.8secs J
9. Kevin Abbring Renault Clio RS R3 +36mins 58.6secs J

Notable retirements:
SS2/3. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC Accident. MT*
SS3. Jukka Ketomaki Skoda Octavia WRC Mechanical. A8
SS4. Petter Solberg PS WRT Citroen Xsara WRC Went off the road. A8*

SS11. Yoann Bonato Suzuki Swift S1600 Crashed. J
SS12. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC Driveshaft. MT
SS13/14. Petter Solberg PS WRT Citroen Xsara WRC Engine. A8
SS14. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC Went off the road. MT
SS19. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC2008 Went off the road. A8
SS19. Kimi Raikkonen Fiat Grande Punto S2000 Went off the road. N4

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.
M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
J – denotes Junior WRC entry.



ワールドラリーカレンダー好評発売中!!