WRC第10戦オーストラリア デイ1:開催反対派大暴れの中、ラトバラが首位を奪取。ローブvsヒルボネンは僅差の展開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第10戦オーストラリア デイ1:開催反対派大暴れの中、ラトバラが首位を奪取。ローブvsヒルボネンは僅差の展開

 

 WRC第10戦、ラリー・オーストラリアのデイ1が9月3日(木)から4日(金)にかけて行われた。デイ1トップに立ったのはヤリ-マティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)。2位はセバスチャン・オジエ(シトロエンC4WRC)、3位はミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)という順位になっている。

 ラリー・オーストラリアが2006年以来久しぶりにWRCに復帰した。以前は西海岸のパースを中心に行われていたが、新生ラリー・オーストラリアは東海岸へと移動。ゴールドコーストの南に位置するキングスクリフにサービスパークを置き、ツイードとキョーグルの町付近にグラベルのSS群が設けられた。

 オーストラリアといえば赤土と滑りやすいボールベアリングロードで有名だったが、東海岸のステージはニュージーランドやフィンランドのようなフラットで固いグラベルステージがメイン。道幅が広くスピードレンジの高いコーナーと、ツイスティでナローなスローコーナーが組み合わされている。

 ラリーのスタートを前に開催に反対する地元住民が競技の中止を求める行動を起こしていたが、ラリーが始まると投石など妨害活動がエスカレート。SS6とSS11がキャンセルされるという事態に発展した。しかし、その他のステージは予定どおり行われ、遅い出走順ゆえにクリーンな路面を走ることができたラトバラがデイ1をリード。2番手には4本用意されたターマックのスーパーSSをすべて制したオジエが2秒2差で続いた。そして3位には、トップから22秒7遅れでローブ。ローブと選手権を争い、現在3ポイント差をつけてトップに立っているヒルボネンは5位に沈んでいる。ただしヒルボネンと3位ローブとの差はわずか0秒9。トップのラトバラとも大きくは離れていないため、デイ2では混戦が予想される。

 なお、同時開催のPWRCではリチャード・メイソン(スバル・インプレッサ)がトップ。新井敏弘(スバル・インプレッサ)はセンターデフのセッティングが合わずに苦戦、8位となっている。

Rally Australia – Day 1 standings

Overall times after SS15 / Day 1 – Top 20:
1. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC 53mins 21.4secs M
2. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +00mins 02.2secs MT
3. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 22.7secs M
4. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 22.8secs M
5. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 23.6secs M
6. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +00mins 51.3secs MT
7. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +01mins 42.4secs MT
8. Federico Villagra Munchi’s Ford Focus RS WRC +02mins 04.6secs MT
9. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +02mins 27.5secs MT
10. Richard Mason Subaru Impreza WRX STI +04mins 16.3secs P
11. Hayden Paddon Mitsubishi Lancer Evo IX +04mins 19.0secs N4
12. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX +04mins 31.6secs P
13. Bernardo Sousa FIAT Abarth Grande Punto S2000 +04mins 31.7secs P
14. Cody Crocker Subaru Impreza WRX STI +04mins 31.8secs P
15. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +04mins 52.7secs P
16. Neal Bates Toyota Corolla S2000 +05mins 02.5secs P
17. Toshi Arai Subaru Impreza WRX STI +05mins 35.5secs P
18. Stewart Taylor Mitsubishi Lancer Evo IX +06mins 13.5secs P
19. Nathan Quinn Mitsubishi Lancer Evo IX +06mins 24.7secs N4
20. Steven Shepheard Mitsubishi Lancer Evo X +08mins 00.0secs N4

Overall PWRC after SS15 / Day 1 – Top 8:
1. Richard Mason Subaru Impreza WRX STI 57mins 37.7secs P
2. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX +00mins 15.3secs P
3. Bernardo Sousa FIAT Abarth Grande Punto S2000 +00mins 15.4secs P
4. Cody Crocker Subaru Impreza WRX STI +00mins 15.5secs P
5. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +00mins 36.4secs P
6. Neal Bates Toyota Corolla S2000 +00mins 46.2secs P
7. Toshi Arai Subaru Impreza WRX STI +01mins 19.2secs P
8. Stewart Taylor Mitsubishi Lancer Evo IX +01mins 57.2secs P

Notable retirements:
SS5. Mark Tapper Mitsubishi Lancer Evo IX Rolled. P
SS7. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC Steering. A8
SS7. Eyvind Brynildsen Mitsubishi Lancer Evo IX Engine. P

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
P – denotes Production WRC entry.

all times unofficial

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!