全日本ラリー丹後、大波乱によりレグ2のアイテナリー短縮 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー丹後、大波乱によりレグ2のアイテナリー短縮

©RALLY PLUS

全日本ラリー第4戦ラリー丹後(京都府、ターマック)は5月11日(土)、競技初日となるレグ1の走行を行った。この日は峰山総合公園でのセレモニアルスタート(写真)に続いて、SS1 Oouchi Reverse(4.56km)を走行した後、SS2 Tsunotsuki(9.28km)、その逆走となる SS3 Tsunotsuki Reverse(12.26km)、SS1をリピートするSS4 Oouchi Reverseという構成だったが、SS3の序盤で山火事が発生。煙を見つけた眞貝知志/安藤裕一組が競技走行を止めて車載の消火器で鎮火に当たり、後に続いたクルーも消火に参加した。

その後、オフィシャルも消火にあたり、消防車も出動する事態に。ステージは中断し、眞貝以降の車両にはノーショナルタイムが与えられた。

主催者はこの日19時に公式通知を発行し、修正したアイテナリーとともに「SS3で山林火災が発生し鎮火はしましたが明日、現場検証等が行われるためSS6・SS7をキャンセルとする」旨を通達した。

修正後のアイテナリーでは、12日(日)は朝8時に1号車がパルクフェルメをアウト。SS5/SS8 Oouchi(4.84km)を45分のサービスを挟んで走行した後、12時18分に峰山総合公園でフィニッシュする予定となっている。



ラリプラメンバーズ2024募集中!!