全日本ラリー丹後:波乱の展開のなか、新井大輝/松尾俊亮がシュコダ・ファビアR5で2勝目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー丹後:波乱の展開のなか、新井大輝/松尾俊亮がシュコダ・ファビアR5で2勝目

©Takuji Hasegawa

2024年シーズン全日本ラリー選手権第4戦「YUHO RALLY TANGO supported by Nissin Mfg」が、5月10日(金)~12日(日)にかけて、京都府京丹後市を拠点に開催された。トップカテゴリーのJN-1クラスはシュコダ・ファビアR5をドライブする新井大輝/松尾俊亮が優勝。2位にはトヨタGRヤリス・ラリー2の勝田範彦/木村裕介、3位にも同じマシンをドライブする奴田原文雄/東駿吾が入った。

2週間という短いインターバルで開催されてきたターマック3連戦を締めくくるのは、日本海を望む丹後半島を舞台とするラリー丹後。3月のラリー三河湾で幕を上げた2024年シーズンは、早くも折り返しを迎えることになった。

ラリールートは、SS間のリエゾンにおいて地域から競技車両通過の同意が得られず、予定していた「Nariai」の使用を断念。走行距離が大幅に短縮された結果、2日間で8SS、61.88㎞が設定された。ラリー初日は「Oouchi Reverse(4.56km)」、「Tsunotsuki(9.28km)」、「Tsunotsuki Reverse(12.26km)」の3SSを午前中に走り、サービスを挟んで「Oouchi Reverse」をリピートする4SS、30.66kmとなっている。

■レグ1
例年よりも1カ月早い開催ということもあり、サービスパークが置かれた「京都府丹後文化会館駐車場」は快晴が広がり、コンディションはドライとなった。

JN-1クラス初日首位の新井大輝/松尾俊亮(シュコダ・ファビアR5) / Jun Uruno

オープニングのSS1、前戦久万高原においてSS2でコースオフを喫して戦列を去った奴田原がベストタイム。こちらも久万高原をトラブルで走り切れなかった新井大輝が0.5秒差のセカンドベストをマークした。1.5秒差の3番手タイムに勝田、2.6秒差の4番手タイムに福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)、2.8秒差の5番手タイムで田口勝彦/北川紗衣(トヨタGRヤリス・ラリー2)が続く。SS2は新井大輝が勝田に1.0秒差、奴田原に2.4秒差をつけるベストタイムをマークし、奴田原に合計タイムで1.9秒差をつけて首位にポジションを上げた。

この日最長の12.26kmを走行するSS3、スタートから1.5km地点付近で山火事が発生。8番手スタートの眞貝知志/安藤裕一(トヨタGRヤリスDAT)が発見し、トラッキングシステムでSOSを発報。後続の鎌田卓麻選手/松本優一選手(スバルWRX STI)、柳澤宏至選手/竹下紀子選手(トヨタGRヤリスJP4)、今井聡選手/高橋芙悠選手(シトロエンCS3R5)とともに消火活動にあたることになった。このステージは新井大輝が奴田原に3.4秒差をつける連続ベストを刻んだが、消火活動によるステージの中断で影響を受けたクルーにはノーショナルタイムが与えられた。新井大輝は、リードを5.3秒差に広げて最初のセクションを終えた。3番手の勝田が6.3秒差、4番手の福永が11.8秒差と、その差は少しずつ拡大している。なお、このステージでは田口がオーバーペースから側溝に左サイドを落とし、足まわりにダメージを負っている。

サービスを挟んだ午後のセクションは、4.56kmのSS4「Oouchi Reverse 2」1本のみ。奴田原が新井大輝を0.1秒凌ぎ、午前中に続くベストタイム。首位新井大輝との差を5.2秒に縮めてこの日を終えた。8.5秒差の総合3番手に勝田、12.4秒差の4番手に福永。5番手は、2戦連続であと一歩表彰台に届かなかった新井敏弘/井上草汰(スバルWRX S4)、中間サービスでマシンの修理に時間を要してサービスアウトが遅れたことで120秒のペナルティを受けた田口が大きく順位を落とし、鎌田卓麻/松本優一(スバルWRX STI)が6番手に順位を上げている。

前戦の悔しさを払拭するようにトップを快走した新井大輝は「SS2とSS3の間に2時間以上の待ち時間があったのでタイヤが冷えてしまい、SS3は最初の数コーナーは怖くて踏めなかったほどです。ここは調整しながら走りました。明日は雨の予報も出ていますが、このマシンでウエットを走ったことがないので、どうなるかですね」と、慎重に語る。首位には届かなかったものの、2本のベストタイムをマークした奴田原は「ミスしないように走り切ることだけを考えました。明日もこのままミスしないように頑張ります。マシンも特に問題がないので、このまま行く予定です」と振り返った。

JN-2クラス初日首位の三枝聖弥/船木一祥(スバルWRXSTI) / Jun Uruno

JN-2クラスは、唐津と久万高原を制した三枝聖弥/船木一祥(スバルWRX STI)が、SS1とSS2で連続ベストを刻み、トップに立つ。2番手に小泉敏志/村山朋香(トヨタGRヤリス)、3番手にはMORIZO Challenge Cupで3連勝中の山田啓介/藤井俊樹(MCC:トヨタGRヤリス)が続く。山火事によってノーショナルタイムが与えられたSS3を挟んだSS4は、塙将司/西村正義(トヨタGRヤリス)が、自身初のベストタイム。首位の三枝は2番手の小泉に7.0秒差をつけて初日を終えた。小泉の後方には、首位三枝から7.2秒差で山田、8.2秒差で塙が続いている。

ドライとなった初日を首位で折り返した三枝は「距離が短いなか、大きな差はつけられませんでしたが、良い順位をキープできて良かったです。ただ、最後のSS4はシフトミスもあって、4番手と冴えない走りになってしまいました」と、反省の弁を口にした。2番手の小泉は「丁寧にロスなく走れた気がしますが、自分の中ではまだ攻め切れていない感じがしています。明日は雨のようですが、ウエットはあまり得意ではないので、まずはタイムロスなく走りたいです」と、雨が予想されている最終日に向けて慎重にコメントした。

JN-3クラス初日首位の長﨑雅志/大矢啓太(トヨタGR86) / Takuji Hasegawa

トヨタGR86/スバルBRZによって争われるJN-3クラスは、長﨑雅志/大矢啓太(トヨタGR86)が、ノーショナルタイムとなったSS3以外の全ステージでベストタイムを並べ、2番手の山本悠太/立久井和子(トヨタGR86)に6.3秒差の首位。13.2秒差の3番手に曽根崇仁/竹原静香(トヨタGR86)、14.8秒差の4番手に上原淳/漆戸あゆみ(スバルBRZ)と、ベテランのふたりが続く。

首位を快走した長﨑は「フィーリングはあまり良くないんですが、できる限りのことをして、良いタイムで上がってくることができました。今日は3本しか走っていませんが、すべてのSSでベストをマークできたので、結果としては良かったです」と、コメント。全SSで長﨑の先行を許してしまった山本は「タイムが伸び悩んでいて、長﨑選手に1キロあたり0.5秒ずつくらい負けている状況です。セットアップを変えて良い方向に進んでいるんですが、なかなかタイム差が縮まりません。もっと色々と考える必要がありそうです」と、首を傾げる。

JN-4クラス初日首位の高橋悟志/箕作裕子(スズキ・スイフトスポーツ) / Jun Uruno

スズキ・スイフトスポーツによって争われるJN-4クラスは、SS1でベストタイムを刻んだ高橋悟志/箕作裕子(スズキ・スイフトスポーツ)がトップに立つ。SS2は西川真太郎/本橋貴司(スズキ・スイフトスポーツ)がベストを獲り返すが、高橋も0.3秒差のセカンドベストでまとめ、首位をキープ。このステージでは前戦久万高原を制した現王者の内藤学武/大高徹也(スズキ・スイフトスポーツ)がスピンを喫して10秒近くをロスし、6番手まで順位を落とした。ノーショナルタイムとなったSS3を挟んで、SS4は内藤がベストタイムをマーク。この結果、高橋が西川に5.9秒差をつけて初日を首位で終えた。3番手の鮫島大湖/船木佐知子(スズキ・スイフトスポーツ)、4番手の前田宜重/岡田誠(スズキ・スイフトスポーツ)、5番手の黒原康仁/石田一輝(スズキ・スイフトスポーツ)、6番手の内藤までが僅差で続いている。

ベストタイムは1本に留まったものの、首位をキープした高橋は「丹後は久しぶりの参戦なので、序盤は様子を見ながらの走りになりました。最後のステージはもう少しいいタイムで走る予定でした。シフトミスがなければ、内藤選手くらいのタイムは出せていたはずです」とコメント。僅差の2番手につける西川は「まだ6秒くらいの差なので、十分逆転の可能性があるはずです。明日は天候が荒れてくれれば、チャンスがあるかもしれませんね」と、最終日に逆転優勝を狙う。

JN-5クラス初日首位の大倉聡/豊田耕司(トヨタGRヤリスRS) / Takuji Hasegawa

JN-5クラスは、優勝候補のひとりだった河本拓哉/有川大輔(マツダ・デミオ)が、SS1でマシンをヒットし、トップ争いから早々に脱落。大倉聡/豊田耕司(トヨタGRヤリスRS)が、この日行われた全SSでベストタイムを並べてトップに立った。9.9秒差の2番手は、新体制で全日本ラリーに帰ってきた吉原將大/伊豆野健太(トヨタ・ヤリス)。体調不良の松倉拓郎/山田真記子(トヨタ・ヤリス)は19.0秒差の3番手と、優勝争いから大きく遅れている。

盤石の展開でラリーをリードした大倉は「ベストタイムを3回も獲得できました。クルマもタイヤも機能してくれたので、それほど攻めている感じはないんですが逃げ切れましたね。この路面がクルマとタイヤに合っている気がします」と、笑顔で振り返った。2番手につける吉原は「今回、僕が社員として勤めるアップガレージとして、全日本ラリー選手権の初陣になります。コ・ドライバーの伊豆野選手とは、今回初めてコンビを組みました。マシンも一昨日シェイクダウンした状態です。バタバタでしたが、その状況の割には悪くない感じです」と、コメントしている。

JN-6クラス初日首位の天野智之/井上裕紀子(トヨタ・アクア) / Jun Uruno

JN-6クラスは、シーズン3連勝中のチャンピオン、天野智之/井上裕紀子(トヨタ・アクア)が2本のベストタイムをマークし、今回もトップを走行。ただ、SS2でベストタイムを刻んだ清水和夫/山本磨美(トヨタ・ヤリス)が、4.8秒差の2番手につけている。3番手は開幕戦三河湾でのクラッシュにより、唐津と久万高原を欠場した海老原孝敬/蔭山恵(ホンダ・フィット)がつけた。

首位を走行する天野は「唐津からの3連戦は、ここも含めてハイブリッドに厳しいですね。タイヤの空気圧や走らせ方など、良いバランスを見つけるのがすごく難しい。限られたエネルギーをどう振り分けるのか、マネージメントに頭を悩ませています。どうすれば速くなるのか、頭がずっと回っている感じです」と、厳しいコメント。天野と勝負できるタイム差で初日を終えた清水は「ドライビングがだいぶ良い感じになってきました。明日はどんなコンディションになっても、道から外れないよう、ベストを尽くします」と、笑顔を見せている。

次ページ:2SSをキッチリ走り切った新井大輝がファビアで2勝目



RALLY PLUS