WRC第11戦デイ3:ローブ優勝、シトロエンが1-2でマニュファクチャラーズタイトルを獲得 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第11戦デイ3:ローブ優勝、シトロエンが1-2でマニュファクチャラーズタイトルを獲得

 

 WRC第11戦、ラリー・スペインのデイ3が10月4日(日)に行われ、セバスチャン・ローブ(シトロエンC4WRC)が優勝。今季6勝目を飾った。2位はダニエル・ソルド(シトロエンC4WRC)で、シトロエンは1-2フィニッシュを飾ったことで最終戦を待たずしてマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。3位はミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)で、わずか1点差ながらシリーズリーダーの座を堅持。ドライバーズタイトルの決定は最終戦グレートブリテンへと持ち越された。

 これほどポディウムで大喜びするローブの姿を見たのは、いったいいつ以来だろうか。前戦で車輛違反により復活Vを逃したローブは、表彰式の間中笑顔を絶やすことがなかった。ラリー最終日、すでに3位ヒルボネンに大差をつけていたローブは、チームメイトであるソルドの万全ともいえるバックアップを得てトップに立った。
 その後これ以上争う必要はなしと考えたシトロエンは完走ペースに切り換えるよう両者に指令を出し、ヒルボネンもまたポジションアップは不可能とスピードを落とし戦いは終了した。

 上位陣がペースを落とす中、後ろから迫ってくるセバスチャン・オジエを引き離すべくフルアタックを続けたのは4位ペター・ソルベルグ(シトロエンC4WRC)だった。ソルベルグは3本のベストタイムを刻んでオジエとの差を広げ4位を保ったままフィニッシュ。速いマシンさえドライブできればターマックラリーでも上位を戦えることを証明した。
 次戦グレートブリテンでソルベルグは、シトロエンジュニアチームからマニュファクチャラー指定を受けて出走する。

 ラリー後、シトロエン監督のオリビエ・ケネルは来シーズンもまたローブとソルドのペアを継続することを正式に発表。それはつまり、噂に上がっていたローブのF1説も完全に払拭されたことになる。なお、オジエに関しては来季もシトロエンジュニアチームから出場することが併せて発表されている。
 なお、JWRC(ジュニア世界ラリー選手権)ではデイ2でトップに立ったハンス・ウェイス(シトロエンC2 S1600)が優勝した。

WRC第11戦ラリー・スペイン デイ3結果
1. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC 3hr 22mins 14.7secs M
2. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 12.0secs M
3. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 54.1secs M
4. Petter Solberg PSWRT Citroen C4 WRC +01mins 12.4secs A8
5. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +01mins 41.6secs MT
6. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +02mins 49.8secs M
7. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +07mins 15.5secs MT
8. Federico Villagra Munchi’s Ford Focus RS WRC +08mins 28.1secs MT
9. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +09mins 07.6secs MT
10. Dany Snobeck Peugeot 307 WRC +10mins 56.0secs A8

11. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +11mins 07.6secs MT
12. Hans Weijs Jr Citroen C2 S1600 +18mins 20.8secs J
13. Eyvind Brynildsen Skoda Fabia S2000 +19mins 08.0secs N4
14. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +19mins 11.3secs A8 *
15. ‘ASI’ Mitsubishi Lancer Evo IX +19mins 29.2secs N4
16. Hermann Gassner Jr. Mitsubishi Lancer Evo IX +22mins 03.5secs N4
17. Jarkko Nikara Mitsubishi Lancer Evo X +23mins 05.8secs N4
18. Simone Bertolotti Suzuki Swift S1600 +23mins 09.9secs J
19. Jordi Marti Renault Clio R3 +24mins 43.6secs J
20. Graham Coffey Subaru Impreza WRC +26secs 09.7mins A8

JWRC Result after SS18 / Day 3 – Top 3:
1. Hans Weijs Jr Citroen C2 S1600 3hrs 40mins 35.5secs J
2. Simone Bertolotti Suzuki Swift S1600 +04mins 49.1secs J
3. Jordi Marti Renault Clio R3 +06mins 22.8secs J

Notable retirements:
SS4/SS5. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC Stopped on road section A8 *
SS7. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC Off the road MT *
SS13. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC Off the road MT
SS15. Paul Bird Ford Focus RS WRC Off the road A8

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
J – denotes Junior WRC entry.

all times unofficial



ワールドラリーカレンダー2020