WRCモンテカルロ:初日、トヨタのエルフィン・エバンスが開幕2SSを連取 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:初日、トヨタのエルフィン・エバンスが開幕2SSを連取

©Toyota GAZOO Racing WRT

WRC開幕戦ラリーモンテカルロは、1月25日にモナコで開幕。この日の夜に走行した開幕2SSを終えて、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエルフィン・エバンス/スコット・マーティンが総合首位に立った。セバスチャン・オジエ/バンサン・ランデが総合3番手、勝田貴元/アーロン・ジョンストンは総合6番手からの発進となった。

(以下チームリリース)


WRC 第1戦 ラリー・モンテカルロ デイ1
2024年WRC開幕戦ラリー・モンテカルロがスタート
エバンスが首位に、オジエが総合3位につける

Toyota GAZOO Racing WRT

2024年のラリー・モンテカルロはまず、24日(水)の夕方にシェイクダウンが行われました。サービスパークが置かれ、ラリーの中心となるフランス南部ギャップの近郊に設定された全長3.28kmのステージでは、エバンスが2番手、オジエが4番手、勝田が5番手タイムを記録。25日(木)の競技初日デイ1は、夕方からモナコのカジノ前でセレモニアルスタートが行われ、ラリーは開幕を迎えました。なお、セレモニアルスタートの直前には、新旧世界王者のカッレ・ロバンペラとセバスチャン・オジエによって、彼らの名を冠したGR YARIS「WRCドライバー監修特別仕様車」が公開されました。

モナコを出発した選手たちは、約169kmのリエゾン(移動区間)を経てギャップ周辺の山岳ステージへ。オープニングステージのSS1「トアール/サン=ジェニ」は、午後8時35分スタートのナイトステージとなりました。気温は例年よりもやや高かったため雪や氷は少なく、ターマック(舗装路)の路面は概ねドライコンディションとなり、1番手スタートのエバンスがベストタイムを記録。全長21.01kmのステージを、2番手タイムのオィット・タナック(ヒョンデ)よりも5.2秒速く駆け抜けました。また、オジエは4番手タイム、2023年シーズンをもってTGR WRCチャレンジプログラムを卒業した勝田は6番手タイムで最初のステージを走り終えました。

続く2本目のSS2「ベイヨン/ブレジエ」は湿っているセクションも多く、路面はかなり滑りやすい状態でしたが、このステージでもエバンスは2番手タイムのティエリー・ヌービル(ヒョンデ)に6.8秒差をつけるベストタイムをマーク。エバンスは、総合2位のヌービルに15.1秒差を築き首位で初日を終えました。また、オジエはSS2で3番手タイムを記録し総合3位に、勝田は5番手タイムで総合6位につけました。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)
新しいシーズンのスタートを嬉しく思いますし、今晩は我々にとって非常に良い出だしになりました。エルフィンのペースはとても良く、昨シーズンの最終戦ラリー・ジャパンと変わらぬ自信を持ち続けていることがわかりました。特に2本目のステージは路面が全体的に滑りやすく、決して楽なステージではありませんでした。そのため、あのようなタイムを出すためには非常に大きな自信が必要でしたし、今晩のタイム差は私の予想以上でした。セブは出走順が遅かったため汚れた路面を走ることになりましたが、明日は彼の攻めの走りをより多く見られると期待しています。また、貴元はこのような道で重要となる自信を高めてきているので、明日はもっといい一日になるはずです。

エルフィン・エバンス (GR YARIS Rally1 HYBRID 33号車)
とてもいい夜でした。最初のステージではクリーンな走りができましたし、フィーリングに関しても問題ありませんでした。タイヤに大きな負担がかかる、路面の摩擦が大きいステージだったので、グリップを十分に使えているかどうか判断するのは難しかったです。2本目のステージはもう少し複雑で、湿っている路面とつやつやの路面が入り交じっていたため、グリップはかなり低い状態でした。今夜の目的は何よりもクリーンに走り切ることだったので、もちろん満足していますが、ラリーはまだ始まったばかりですし、フィニッシュまで長い道のりです。

Toyota GAZOO Racing WRT

セバスチャン・オジエ (GR YARIS Rally1 HYBRID 17号車)
今夜は簡単なスタートではありませんでした。自分たちにとっては難しい出走順だったと思いますが、このようなコンディションは予想していたことです。路面は、急速にかなり汚れていきました。2本目のステージは、もう少しタイムロスを少なく抑えられると期待していました。まずまずのリズムと走りだったと思いますが、やはり路面はどんどん滑りやすくなっていきました。エルフィンのペースにはついていけず、既に少し遅れをとってしまいましたが、まだラリーは始まったばかりですし、いろいろなことが起こり得ます。明日はもう少しいい戦いができることを願っています。

勝田 貴元 (GR YARIS Rally1 HYBRID 18号車)
このラリーのスタートは常に大きなチャレンジですし、すぐにいいフィーリングを掴むのは簡単ではありません。クルマはとてもよく走ってくれているので、もう少し自分の中で楽に走れるゾーンを見つけたいと思います。今夜は、路面がどれくらいグリップするのか限界を見極めるのに少し苦労し、やや注意深くなり過ぎたことがタイムロスに繋がってしまったと思います。それでも、このラリーは全てのステージで最大限のプッシュをするのではなく、安定した走りをすることが重要なので、一歩ずつ改善していきたいと思います。

ラリー・モンテカルロ デイ1の結果
1 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) 26m12.9s
2 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +15.1s
3 セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +21.6s
4 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +22.8s
5 アドリアン・フォルモー/アレクサンドレ・コリア (フォード Puma Rally1 HYBRID) +39.0s
6 勝田 貴元/アーロン・ジョンストン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +46.3s
7 グレゴワール・ミュンスター/ルイス・ルッカ (フォード Puma Rally1 HYBRID) +1m06.0s
8 アンドレアス・ミケルセン/トシュテン・エリクソン (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +1m08.8s
9 ペペ・ロペス/ダビド・バスケス (シュコダ Fabia RS Rally2) +1m36.5s
9 ニコライ・グリアジン/コンスタンティン・アレクサンドロフ (シトロエン C3 Rally2)+1m50.7s
(現地時間1月25日23時40分時点のリザルトです。最新リザルトはwww.wrc.comをご確認下さい。)

明日のステージ情報
競技2日目となる1月26日(金)のデイ2は、ギャップのサービスパークの東側エリアで、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。いずれも良く知られたラリー・モンテカルロの名ステージですが、最後にラリーで使われたのは2020、2021年となります。6本のSSの合計距離は105.72km、リエゾン(移動区間)も含めた一日の総走行距離は510.65kmとなります。

Toyota GAZOO Racing WRT



RALLY PLUS