ラトバラ、スタックで4分以上ロス – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラトバラ、スタックで4分以上ロス

 

ラリーニュージーランドは6月22日に競技初日が始まり、予選トップで走行順13番手を選んだヤリマティ・ラトバラは、SS6まで首位ミッコ・ヒルボネンに25.1秒差の3位で追っていたが、SS7でコーナーをインカットした際に、フェンスに引っかかりスタック。
居合わせたスペクテイターの手を借りながらコースに復帰したが、4分25秒の大量タイムロスを喫し、総合9位にまで順位を下げた。

ラリーはこのSS7を終了した時点で、ヒルボネンが首位。4.6秒差でセバスチャン・ローブ、1分16秒9遅れの3位にエフゲニー・ノビコフが続いている。ペター・ソルベルグが+1分36秒1の4位で追っている。

RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018