WRCポルトガル:ディレクター陣コメント「3人には脱帽」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:ディレクター陣コメント「3人には脱帽」

 

ラリーポルトガル、フィニッシュ後の各チームディレクター陣のコメント。(マニュファクチャラーズ選手権順位はポルトガル終了時点)悪夢のアルゼンチンから建て直し、1-2-3フィニッシュを決めたVWのドライバー陣にカピート代表が賞賛を贈った。

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
ヨースト・カピート(ディレクター)

マニュファクチャラーズ選手権首位
「アルゼンチンで絶望的な結果に終わってから、ポルトガルで見せたチームの反応は素晴らしい。ポルトガルは、ポロR WRCで参戦を初めて以来、最も成功を収めてきたイベントだ。ヤリマティはセバスチャンと同じように強さと貫録を見せた。今回はセブがわずかに及ばなかっただけだ。アンドレアスも、第二世代のポロR WRCでのデビュー戦で優れたパフォーマンスを披露した。3人には脱帽だ。その縁の下では、ドリームチームが今回も欠点のない仕事をしてくれた。一人一人が、アルゼンチンでの悪夢をぬぐい去ってくれた。我々のチームを心から誇りに思う」

[シトロエン・レーシング ]
イブ・マトン(チーム代表)

マニュファクチャラーズ選手権2位
「リザルトには満足していいと思う。2台が揃っていい位置でフィニッシュしたし、スタート前に立てたターゲットを達成した。満足できることには3つの理由がある。DS 3 WRCがコンペティティブで、2日以上も上位争いにも食い込んでいた。まらマニュファクチャラーズ選手権でもポイントを重ねて2位を維持した。どれも、シーズンの残りに向けて励みになる内容だ」

[Mスポーツ]
マルコム・ウィルソン(チーム代表)

マニュファクチャラーズ選手権4位
「この週末は、パフォーマンスの面で大きく前進することができた。最終リザルトには反映されていないかもしれないが、ポテンシャルはあり、シーズンの残りは実にポジティブだ。この5位という結果はまさにオットが必要としていたもの。本当にうれしい。遅かれ早かれ、彼は必ずポディウム争いに絡んでくる。エルフィンは、この週末のことは引きずらず、サルディニアで仕切り直して、グラベルでのベストパフォーマンスを見せてくれると思う」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ミシェル・ナンダン(チーム代表)

マニュファクチャラーズ選手権3位
「トップ8に2台が入り、まずまず満足できる内容だと思う。期待していたような結果ではないが、タイヤ戦略は若いチームにとってはかなりのチャレンジだった。土曜日はティエリーが転倒、ヘイデンは石にヒットしていたが、チームが修復に当たり、今朝は、3台を揃ってスタートさせることができた。3人のドライバーは、限界の中でも丁寧な走りでフィニッシュを果たした。今回も学ぶことが多く、これを次のイベントで活かしたい」



DiRT4
DiRT4