WRCポルトガル:3日目を終えてオジエが総合首位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:3日目を終えてオジエが総合首位

©M-SPORT

WRC第6戦ポルトガルは競技3日目を終えて、Mスポーツのセバスチャン・オジエが総合首位にたった。2番手には16.8秒差でヒュンダイのティエリー・ヌービル、3番手には51.3秒差で同じくヒュンダイのダニ・ソルドがつけた。

サービスパークから進路を東にとり、この日に走行したのはSS10~SS15。ラリー最長37.55kmのアマランテを含む3つのステージを午前と午後で2周する154.66kmだ。最終日にはわずかなステージ距離しか残されていないため、この日が最大の勝負どころとなる。

HYUNDAI

オープニングのSS10でベストタイムをマークしたのは先頭スタートのハンデから解放されたオジエ。ソルドをかわして2番手に浮上し、4番手タイムに終わった前日までの首位オット・タナク(フォード・フィエスタWRC)との差を1.1秒まで削り取ってきた。しかし、続くSS11ではタナクが踏ん張りベストタイム。その差を6.3秒に戻す。一方、ソルドはこのステージもタイムが伸びず、Mスポーツの2台に続く3番手にはヌービルが浮上してきた。

再給油を挟んで臨むSS12はいよいよ最長ステージ。予想通り、ここで優勝争いが大きく動いた。首位を走るタナクが左リヤタイヤをバンクにヒットさせ、サスペンションとブレーキを傷め大きくタイムロス。5位まで後退してしまったのだ。これでこのステージでベストを刻んだオジエが、2番手に上がったヌービルに19.5秒差でついに首位に立つことになった。

CITROEN

サービスを経た午後のリピートステージ、まずSS13ではヌービルがベストを刻むが、オジエも1秒差でセカンドベストと大勢は変らない。続くSS14ではオジエが再度ベストを出し、その差は23秒に。この日の最終ステージとなるSS15、最長ステージのリピートではヌービルがベストを奪い返す一進一退の結果、両者の差は16.8秒となって最終日を迎えることになった。

Red Bull

トヨタは前日痛恨の転倒を喫したヤリ-マティ・ラトバラが体調不良に悩まされながらも奮闘。特に午後のステージではオジエとヌービルに拮抗するタイムをマークし、次戦以降の優勝争いに期待を抱かせるパフォーマンスを見せて9位まで挽回した。“新人”エサペッカ・ラッピはまずまずのタイムをマークしていたものの、SS15で右リヤをヒットさせて11位に後退、クリーンなラリーを走るユホ・ハンニネンの7位が最上位となっている。

ラリーに残されたのはSS16~19の4SS。わずか42.93kmでヌービルはオジエを逆転することはできるのか。名物ステージのファフェ(SS16とパワーステージ/SS19)も含む競技最終日は5月21日(日)の午前7時35分(現地時間)にスタートする。

WRCポルトガルSS15終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC3:15:24.6
2ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+16.8
3ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+51.3
4オット・タナクフォード・フィエスタWRC+1:29.6
5クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+1:32.4
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+3:01.8
7ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+3:29.8
8マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+5:16.6
9ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+5:32.7
10アンドレアス・ミケルセンシュコダ・ファビアR5+7:06.6
11エサペッカ・ラッピトヨタ・ヤリスWRC+8:00.9


DiRT4
DiRT4