スバル「SUBARU XV」の先行予約を開始、新たに1.6リッターNAモデルを追加 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル「SUBARU XV」の先行予約を開始、新たに1.6リッターNAモデルを追加

©SUBARU

富士重工業は、今春発表予定の新型「SUBARU XV」の先行予約を2017年3月9日より開始した。

SUBARU

新型「SUBARU XV」は、昨年10月に発売した新型インプレッサに続いて次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用したクロスオーバーSUVの基幹モデル。スバル共通のデザインフィロソフィーを全面採用し、無骨なSUVデザインに流麗さを融合させ、広い視界と取り回しの良さ、乗り降りしやすい実用性を備える。

新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」の採用により、操舵応答性と操縦安定性を飛躍的に向上。SUV特有の背の高さを感じさせない走りを実現するとともに、危険回避性能と衝突安全性が大幅に向上している。

SUBARU

さらに、XVでは初となる電子制御システム「X-MODE」を採用。エンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御することで、悪路や滑りやすい路面、下り坂を安心して走行できる。

パワーユニットでは2.0リッターNAエンジンを直噴化。さらに新たに1.6リッターNAモデルが追加される。歩行者保護エアバッグと先進運転支援システム「アイサイト(ver.3)」は全車標準装備となっている。

新型「SUBARU XV」(プロトタイプ)主要諸元

グレード1.6i EyeSight
1.6i-L EyeSight
2.0i-L EyeSight
2.0i-S EyeSight
全長×全幅×全高(mm)4465×1800×1550
ホイールベース(mm)2670
最低地上高(mm)200
排気量1.6ℓ DOHC 16バルブ
デュアルAVCS
2.0ℓ DOHC 16バルブ
デュアルAVCS 直噴
最大出力[ネット][kW(PS)]85(115)/6200113(154)/6000
最大トルク[ネット][N・m(kgf・m)]148(15.1)/3600196(20.0)/4000
燃費[km/ℓ](社内測定値)16.216.4(2.0i-L EyeSight)
16.0(2.0i-S EyeSight)
トランスミッションリニアトロニック
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
サスペンション形式[前/後]ストラット式/
ダブルウィッシュボーン式
タイヤサイズ225/60R17225/60R17(2.0i-L EyeSight)
225/55R18(2.0i-S EyeSight)

ラリプラ・メンバーズ2017
Red Bull TV