WRCスウェーデン:SS1でトヨタがWRC復帰後初のSSベスト獲得 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:SS1でトヨタがWRC復帰後初のSSベスト獲得

©TOYOTA

2月9日、WRC第2戦スウェーデンがカールスタッドのスーパーSSで開幕。トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラがトヨタ復帰後初のSSベストタイムをマークし、首位発進となった。

HYUNDAI

かつてのホストタウンであるカールスタッドの競馬場で開催されたSS1は、2台同時スタートのスーパーSS。1.90kmのトラックには多くの観客が集まり、熱狂のもと開催された。スタート順はリバースオーダーとなり、WRC2クラスから次々とコースイン。3組目に登場したのは、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムで参戦する日本の若手、勝田vs新井だった。ここでは「いくつかシフトミスをしてしまった」と言うものの新井が1.2秒先行してWRC2の7番手、勝田はクラス10番手からのスタートとなった。WRC2のトップはシュコダのオーレ・クリスチャン・ベイビーが獲っている。

M-SPORT

そしてマシンはWRカークラスへと移っていく。2017年型WRカーの一番手として登場したのはトヨタのユホ・ハンニネン。対するは、シトロエンDS3 WRCで出場するステファン・ルフェーブルだ。ハンニネンは暫定ベストタイムを獲得。最終的には8番手タイムからのスタートとなった。そしてハイライトは、この日最後のカード、トヨタのラトバラとMスポーツのセバスチャン・オジエ。かつてのチームメイト同士の対決を制したのはラトバラだった。トヨタにとっては復帰後記念すべき初のSSベストタイムをたたき出し、同時に走行したオジエに0.9秒、SS2番手のティエリー・ヌービルに0.6秒の差をつける好スタートを切ることとなった。オジエはSS5番手タイムから上位を狙うこととなる。

CITROEN

競技2日目となる2月10日は、SS2〜SS8の計7SSが行われる。SS距離はいずれも16.42km〜24.88kmという標準的なものだが、この日最後のSS8以外は隣国ノルウェーに越境しながらのステージも含まれる。本格的なラリーの幕開けとなるSS2は、日本時間2月10日の15:59スタート予定。

WRCスウェーデンSS1終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC1:34.1
2ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+0.6
3ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+0.7
4オット・タナクフォード・フィエスタWRC+0.8
5セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+0.9
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+1.2
7クリス・ミークシトロエンC3 WRC+2.0
8ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+2.1
9エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+2.1
10オーレ・クリスチャン・ベイビーシュコダ・ファビアR5+2.4


Red Bull TV
Red Bull TV