ライコネン「本気でなければラリーに参戦したりはしない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ライコネン「本気でなければラリーに参戦したりはしない」

 

 キミ・ライコネンはWRCデビューシーズンとなる今年はWRCに専念し、2011年にF1へ戻るかどうかについて今は考える時期ではないと語っている。

 ライコネンはフェラーリからシトロエン・ジュニアチームに移り、先週アークティック・ラップランドラリーでのデビュー戦を終えたばかりだ。WRCという新しいカテゴリーで走り、新しいキャリアを築いていけることにとても満足しているようで、その証拠にWRCオフィシャルサイトで「ラリーで一番楽しみにしていること」を聞かれたライコネンは次のように答えている。
「すべてだよ。だってF1とはまったく違っているから。どこに行っても、何をするにしても、すべてが新しい経験だからすごくエキサイティングなんだ。ラリーにチャレンジするのは簡単じゃなくて、学ぶことが多い。先週アークティックラリーで走ってみて、スウェーデンで活かせることがたくさんあるなって思ったよ。できるだけ早くラリーに慣れることに専念して、そこに結果がついてきてくれれば言うことはないね」

 またライコネンは2011年以降の去就について、以下のように話した。
「本気でなければラリーに参戦したりはしないよ。僕は何かやりたいことがあれば、それを始めるし、ベストを尽くして取り組むことにしている。ラリーはやりがいのあるチャレンジだから、本当に今シーズンが楽しみなんだ。
 ラリーは競技自体も関わっている人間も、僕が昔いたところとは違う。例えばラウンチなんかもみんなそろってやるし、チーム同士、ドライバー同士でも仲がいい。そこがすごく気に入っている。もちろん競技としてもきちんとしているしね。
 ラリーは人気が低迷していた時期もあったわけだけど、これから数年でまた盛り返していくんじゃないかな。それもすごい勢いでね。
 今はラリーを本当に楽しんでいるよ。もし気に入ればラリーに留まるだろうし、他のことにチャレンジする可能性もある。はっきりとした将来プランも締切も今のところ僕にはない。どうなっていくのか、まぁみていてよ」

 ラップランドラリーでは序盤にクラッシュし大きく順位を落とすことになったものの、それでも最後まで走り切ったライコネン。来週の開幕戦ではどのようなスピードを見せるのか、目が離せない。



ワールドラリーカレンダー好評発売中!!