TGR WRCチャレンジプログラム2期生の大竹、小暮、山本がフィンランドラリー選手権にデビュー – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TGR WRCチャレンジプログラム2期生の大竹、小暮、山本がフィンランドラリー選手権にデビュー

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムの2期生としてフィンランドでトレーニングに励む大竹直生、小暮ひかる、山本雄紀の3人が、6月17〜18日に行われたフィンランドラリー選手権第5戦、ポフヤンマーラリーで、ヨーロッパでのデビューを果たした。3人がドライブするのはFFのルノー・クリオ・ラリー4。

(以下チームリリース)


今年2月にフィンランドで実施したセレクションを経て本プログラムの参加が決まった大竹、小暮、山本は、4月よりフィンランドに移り住み、本格的なトレーニングを開始しています。3人はそれぞれ経験豊富なフィンランド人コ・ドライバーとペアを組み、ここ数週間、ペースノートのトレーニングに取り組むとともに、今回のラリーでも使用した2WDのRally4車両でのテストを実施してきました。

ポフヤンマー・ラリーはフィンランドの典型的な高速のグラベル(未舗装路)ラリーで、フィンランド西部に位置するセイナヨキ周辺で行われました。ラリーは8つの異なるスペシャルステージ(SS)からなり、クルーはラリーが始まる前に、合計128.18kmのSSのレッキを行い、ペースノートを一から作成しました。SS1とSS2は晴天の金曜日の夜、ドライで砂埃の多いコンディションの中で実施されましたが、残る6つのステージは翌日の土曜日、激しい雨の中で行われることとなり、3選手はコンディションが激しく変わる中でのラリーを経験しました。

欧州での初の実戦という新しいチャレンジからできるだけ多くを学ぶことを目的に挑んだ3名は、それぞれ順調にステージをこなしましたが、SS5で大竹・サルミネン組がテクニカルトラブルによりリタイアとなりました。リタイアになるまでは、大竹はチームメイトの中でトップのSM4クラス6位につけていました。山本・テイスコネン組、小暮・ルフティネン組は大きなトラブルなく、最終的にそれぞれクラス4位と5位でラリーを終えました。4位と5位のタイム差は20秒で、小暮はフライングにより10秒のペナルティを負ったため、実際には10秒の差でした。3選手は引き続き、次の実戦に向けてトレーニングとテストを行っていきます。

小暮ひかる

TOYOTA


金曜日の夜は陽が低く、前走車からの砂埃で前がとても見づらかったです。また、翌日は泥が多く、とても滑りやすくなりました。ステージ毎にコンディションが変わる、とてもチャレンジングなラリーだったので完走できて本当に嬉しいです。とても良い経験をさせていただきました。次のラリーではより自信を持ってドライビングできるよう、特にペースノート中心に、改善に向けてしっかり準備していきます。チームとコ・ドライバーのトピのサポートに感謝しています。

大竹直生

TOYOTA


最後まで走ることができなかったのは残念でしたが、とても良い経験になりました。このような高速ラリーで戦うのは初めてでしたし、とても難しいコンディションでした。自分のペースノートが良くなかったと思ったところがいくつかあり、特にブレーキングポイントなど、今後の改善につながる新しいことをたくさん学びました。チームと、経験豊富でたくさん助けてくれているコ・ドライバーのマルコにはとても感謝しています。

山本雄紀

TOYOTA


フィンランドでの最初のラリーを完走できてとても嬉しいです。チームとコ・ドライバーのミイカに感謝を伝えたいです。ラリー中は色んなことが起き、多くの異なるコンディションを経験することができました。コンディションがいい時は良いリズムで走ることができましたが、滑りやすい路面になった時はグリップが効かず、良いリズムで快適に走ることは難しかったです。一番大変だったのはペースノートの情報だけで前方の道をイメージすることでした。それはペースノートが正確でなかったからとも言えるので、次のラリーまでにそこをもっと改善したいと思います。

ミッコ・ヒルボネン(チーフインストラクター)
今回のラリーは、ドライバーにとってとにかく新しいことばかりなので、順位やスピードといった点での目標は設定しませんでした。テストで見ていたような安定したドライビングをし、ラリーを完走してできるだけ多くの経験を得てもらいたいと思っていました。結果的に、一番難しかったのは今回のコンディションでした。金曜日は陽が低く、ダストが多いコンディションで、土曜日は雨と泥のコンディションでした。このコンディションが彼らの自信とリズムに確実に影響したので、簡単なスタートとはいきませんでした。良かったのは、ユウキとヒカルは完走して経験を得られたこと。残念ながらナオはテクニカルトラブルにより最後まで走り切れませんでしたが、我々のデビュー戦としては全体的に満足できる内容でした。これからオンボードビデオとデータを分析し、今後力を注ぐべきポイントを把握し、次に備えます。

結果 (SM4 class)
1 Henri Hokkala/Kimmo Pahkala (Ford Fiesta Rally4) 1h13m33.7s
2 Kristian Nieminen/Valtteri Nieminen (Ford Fiesta Rally4) +1m45.0s
3 Jooa Iivari/Teemu Sillanpää (Ford Fiesta Rally4) +1m56.4s
4 山本 雄紀/ミイカ・テイスコネン (Renault Clio Rally4) +5m08.5s
5 小暮 ひかる/トピ・ルフティネン (Renault Clio Rally4) +5m28.5s
リタイア 大竹 直生/マルコ・サルミネン (Renault Clio Rally4)



ヘルメットのペイントはじめました!