カレンダーから読む2011年全日本ラリー選手権のゆくえ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

カレンダーから読む2011年全日本ラリー選手権のゆくえ

 

 すでにこちらのニュースでお伝えしたとおり、2011年の全日本ラリー選手権はポイント制度の変更(1位10点〜8位1点)やデイポイントの導入(デイ1位3点〜3位1点)などでポイント差が狭まり、より白熱したチャンピオン争いが期待されるところ。
 これに加えてポイント係数システムも継続されるため、シーズンの最後を見据えた戦い方が重要になってくる。

 先日発表された2011年の全日本ラリー選手権カレンダーをみていこう。第2戦の久万高原はグラベルラリーに変更されており、全8戦中5戦がグラベルでの開催となる。総じてグラベルラリーの方がポイント係数が高いため、ターマックを得意とする現チャンピオンの勝田範彦は「舗装路全勝」の意気込みがタイトル防衛の必須条件となりそうだ。

 そして注目したいのが、9月に開催される北海道2連戦。特にアジア・パシフィックラリー選手権と併催されるラリー北海道は、フルマークした場合31点という大量ポイントゲットが可能になる。選手権タイトルを狙ううえではこの北海道連戦を外すわけにはいかないだろう。

2011年全日本ラリー選手権日程

ラウンド 開催日 ラリー名 開催場所(走行距離) 路面/係数
1 4/8〜10 ツール・ド・九州 in 唐津 佐賀(約75km) ターマック/1.0
2 4/29〜5/1 久万高原ラリー 愛媛(約70km) グラベル/1.5
3 5/20〜22 HIMUKA RALLY in 美郷 宮崎(約110km) グラベル/2.0
4 6/10〜12 MSCC東京ラリー 福島(約80km) グラベル/1.5
5 7/8〜10 ラリーハイランドマスターズ 岐阜(約75km) ターマック/1.0
6 9/2〜4 Rally in 後志 北海道(約105km) グラベル/2.0
7 9/30〜10/2 Rally Hokkaido 北海道(約230km) グラベル/2.5
8 10/21〜23 新城ラリー 愛知(約80km) ターマック/1.0
RALLY CARS