BMW 7シリーズがAPECにおける首脳移送用車両として活躍 特別仕様車「BMW 7シリーズ Summit Edition」を全国合計20台の台数限定で導入。 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

BMW 7シリーズがAPECにおける首脳移送用車両として活躍 特別仕様車「BMW 7シリーズ Summit Edition」を全国合計20台の台数限定で導入。

 

BMW 7シリーズがAPECにおける首脳移送用車両として活躍 特別仕様車「BMW 7シリーズ Summit Edition」を全国合計20台の台数限定で導入。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ローランド・クルーガー)は、去る2010年11月13日から14日まで横浜で行なわれたAPEC(Asia Pacific Economic Cooperationアジア太平洋経済協力)首脳会議における参加国/地域の首脳移送用車両としてBMW 7シリーズの防弾車を提供した。また、これを記念し、世界のリーダーに選ばれたBMWのフラッグシップ・モデル、BMW 7シリーズの特別仕様車「BMW 7シリーズSummit Edition(サミット・エディション)」を、全国のBMW正規ディーラーにおいて、全国合計20台の台数限定で、本日より販売を開始すると発表した。

先に行なわれたAPEC JAPAN 2010においては、BMWのドライビング・ダイナミクスと安全性の実績が高く評価され、ビー・エム・ダブリュー株式会社は「2010年日本APEC・第18回APEC首脳会議における首脳用防弾車(20台)の提供業務」の契約を外務省と締結し、BMW 7シリーズの特別仕様車「BMW 760Li High Security(防弾車)」が警護車両として活躍、APEC参加の首脳を安全に移送した。

BMW 7シリーズは、フラッグシップ・モデルに相応しい存在感、スポーツ性とエレガンスを併せ持つ魅力的なスタイリングに加え、マイクロ・ハイブリッド・テクノロジー(ブレーキ・エネルギー回生システム)など、「よりクリーンに、よりパワーを。BMW EfficientDynamics(エフィシエントダイナミクス)」の設計思想に基づく数々の革新テクノロジーを採用し、卓越した運動性能と高い環境性能の両立を実現したモデルである。

今回発表の特別仕様車は、BMWツインパワー・ターボおよび高精度ダイレクト・インジェクション・システムを採用した3.0リッター直列6気筒エンジンを搭載したBMW 7シリーズに、APECで活躍したBMW 760Li High Securityに採用されたソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクトのボディ・カラー、オイスターのシート・カラー、19インチ・ホイールを組み合わせ、世界のリーダーに選ばれたBMW 7シリーズの威厳あふれる佇まいを演出する。また、コンフォート・パッケージ、電動ガラス・サンルーフ、ソフト・クローズ・ドア、オートマチック・トランクリッド・オペレーション、およびサンプロテクション・ガラスを標準装備し、BMW 7シリーズの快適性と機能性をさらに高めている。加えて、「Summit Edition」と刻まれた専用インテリア・バッジの装飾が特別なモデルであることを印象付ける。

メーカー希望小売価格(消費税込み)

モデル
エンジン
トランスミッション
希望小売価格

BMW 7シリーズ Summit Edition
3.0リッター 直列6気筒 DOHC
6速AT
¥ 10,980,000

n 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。

n 右/左ハンドル仕様。

BMW 7シリーズ Summit Editionの概要および特別装備内容

* 限定台数: 20台
* ボディ・カラー: ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト
* シート/インテリア・カラー: オイスター/オイスター・ダーク
* 19インチ・マルチスポーク・スタイリング235アロイ・ホイール
(フロント)8.5Jx19ホイール+245/45R19タイヤ
(リヤ)9.5Jx19ホイール+275/40R19タイヤ
・コンフォート・パッケージ(フロント・コンフォート・シート、フロント・ベンチレーション・シート、4ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナー)
・電動ガラス・サンルーフ
・オートマチック・トランクリッド・オペレーション
・ソフト・クローズ・ドア
・サンプロテクション・ガラス(リヤ、リヤ・サイド・ウィンドー)
・専用インテリア・バッジ

n 本特別仕様車を、2010年11月17日(水)から11月27日(土)まで、BMW Group Studio(住所: 東京都千代田区丸の内1-9-2、グラントウキョウ・サウスタワー1階)に、展示する。

BMW 7シリーズ High Securityについて

グローバル・リーダーにふさわしい、個人の移動手段としては最高レベルの安全性能(保護性能)を誇るプレミアム・カーであり、防弾性能のガイドラインである「BRV 2009」の認証を世界で初めて取得している。防弾性能の格付けは、いずれも新設された「クラス7」をクリアし、さらにガラス以外のボディ外装には極めて効果的な特殊装甲が施され、防弾性能の格付けで「クラス9」を獲得している。車両に合わせて設計した特殊鋼製の装甲パネルと、新開発のセキュリティ・ガラスにより、パッセンジャー・セルは様々な攻撃から効果的に保護されている。パッセンジャー・セルの構成部品のうち、ドア、ルーフ、ピラー、前席フット・スペース、キャビンとラゲージ・スペースを区切るバルクヘッドは装甲パネルで完全に覆われ、エクステリアは特殊鋼製プレートで隙間なく包まれている。さらに、ドア・パネル周囲の溝やボディ・シェルの継ぎ目など構造的に弱い部分は、専用設計のクリアランス・カバーによって保護されている。アンダー・フロアにも、爆発物による攻撃に対して比類ない保護効果を発揮する特殊装甲パネルが装着されている。構成部品のひとつにある厚さ約6 cmに達する新開発のセキュリティ・ガラスは、多層構造の複合ガラスに新しい構造を採用し、自動車分野では前例のない高度の安全性を実現している。ガラスの内面はポリカーボネート層でカバーされ、ガラスの破片が車内に飛散するのを防いでいる。



RALLY PLUS