100周年記念のラリーモンテカルロ、フィニッシュ! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

100周年記念のラリーモンテカルロ、フィニッシュ!

 

 IRC開幕戦のラリーモンテカルロは、全行程を終了。2日目トップに立ったブライアン・ブフィエ(プジョー207)が後続を振り切り、初優勝を果たした。

 前日首位に立ったブフィエは、この日行なわれた5本のSSでベストタイムを獲ることはなかったが、後続との差を見ながら慎重なラリー運びを進めて自身初のモンテカルロウイナーとなった。
「言葉にできないくらいうれしい。とてもトリッキーなラリーだったが、支えてくれたすべての人、チームと最高のマシンをくれたプジョーに感謝したい」とブフィエは喜びを語っている。
 2位にはシュコダのフレディ・ロイクス、3位にはプジョーUKからエントリーのガイ・ウィルクスが入った。最終ステージを終えて3番手にいたステファン・サラザン(プジョー)はTCで30秒のペナルティを科され4位となっている。
 前日2番手につけていたフランソワ・デルクール(プジョー)はポジションを守り切ることができず、5位まで順位を落としフィニッシュ。「一生懸命走ったが、エンジンに少しトラブルが出てしまい、下りはともかく上りがキツかった。順位をキープすることができなかったが、チームに感謝したい。できればサンレモやコルシカにも出たいね」と、デルクールは将来に向けて前向きなコメントを残している。

 なお、ペター・ソルベルグは最終ステージを走り切り7番手につけていたが、モナコへと向かうリエゾン区間でオルタネータートラブルが発生し、リタイアを喫してしまっている。

2010年IRC第1戦 ラリーモンテカルロ主要リザルト

順位 No. ドライバー/コ・ドライバー マシン タイム
1 4 ブライアン・ブフィエ/クサビエ・パンセリ プジョー207S2000 “3:32’55″”6”
2 5 フレディ・ロイクス/フレデリック・ミクロッテ シュコダ・ファビアS2000 “+32″”5”
3 10 ガイ・ウィルクス/フィル・プー プジョー207S2000 “+1’19″”7”
4 8 ステファン・サラザン/ジャック‐ジュリアン・レヌッチ プジョー207S2000 “+1’21″”9”
5 6 フランソワ・デルクール/ドミニク・サビニョーニ プジョー207S2000 “+1’22″”4”
6 1 ユホ・ハンニネン/ミッコ・マルックラ シュコダ・ファビアS2000 “+1’29″”3”
7 7 ニコラ・ブイヨー/ベンジャミン・ベイヤ シュコダ・ファビアS2000 “+4’47″”8”
8 3 ヤン・コペッキー/ペトール・ストレイ シュコダ・ファビアS2000 “+7’45″”9”
9 16 ジャンドメニコ・バッソ/ミティア・ドッタ プジョー207S2000 “+8’46″”0”
10 11 トニ・ガルデマイスター/トミ・トゥオミネン プジョー207S2000 “+9’09″”0”
11 24 アレックス・カフィ/ロベルト・ペログリオ シュコダ・ファビアS2000 “+13’06″”2”
52 100 ダニエル・エレナ/オリビエ・カンパーナ シトロエンDS3 R3T “+1:04’01″”6”
主なリタイア
2 ペター・ソルベルグ/クリス・パターソン プジョー207S2000 SS13後メカニカル
9 アンドレアス・ミケルセン/オーラ・フローネ シュコダ・ファビアS2000 SS1サス破損
12 ヘニング・ソルベルグ/イルカ・ミノア フォード・フィエスタS2000 SS2サス破損
15 パー‐ガンナー・アンダーソン/エミル・アクセルソン プロトン・サトリアネオS2000 SS2サス破損
19 クリス・アトキンソン/ステファン・プレボ プロトン・サトリアネオS2000 SS1電気系


RALLY PLUS
RALLY CARS