WRC第2戦メキシコ/デイ3:思わぬ幕切れでローブが今季初勝利 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第2戦メキシコ/デイ3:思わぬ幕切れでローブが今季初勝利

 

 2011年WRC第2戦、ラリーメキシコの最終日となるデイ3が3月6日(日)に行なわれた。合計3本のSSを戦い優勝はセバスチャン・ローブ(シトロエンDS3 WRC)、2位はミッコ・ヒルボネン(フォード・フィエスタRS WRC)、3位はヤリ‐マティ・ラトバラ(フォード・フィエスタRS WRC)。デイ2首位のセバスチャン・オジエ(シトロエンDS3 WRC)はコースアウトでリタイアとなった。

 オジエvsローブのチーム内バトルはあっけなく終わった。ローブに対し10.5秒のリードをもってデイ3をスタートしたオジエだったが、最初のSS20でまさかのコースアウト、その際タイヤがもげて競技続行不可能となりリタイアとなった。唯一のライバルが消えたローブは2位ヒルボネンに1分38秒4の大差をつけて優勝。WRCラリーメキシコ5連勝を飾った。

 2位ヒルボネンは最終ステージに設定された「パワーステージ」でベストタイムをマーク。それが今回のラリー最初で最後のステージベストとなったが、ドライバーズポイント3点をボーナスとして得ることに成功した。その結果、ドライバーズ選手権では依然として首位をキープ。2位ローブに対し9ポイントのリードを保っている。

 3位ラトバラは、SS21でベストタイムをマーク。今回はタイヤを2回パンクさせるなどラリーをとおしてマシンをうまくコントロールできていなかった。そして、4位はペター・ソルベルグ(シトロエンDS3 WRC)。デイ1で電気系のトラブルにより13位まで落ちたことを考えれば上々の結果だが、それ以外にもサイドブレーキのトラブルやシフトノブが折れるといった問題が発生し、ポディウムフィニッシュを実現することができなかった。以下5位はマッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)、6位はヘニング・ソルベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)という結果になっている。

RALLY CARS
RALLY PLUS