クスコレーシング、ラリー参戦体制を変更 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

クスコレーシング、ラリー参戦体制を変更

 

 株式会社キャロッセ(本社 群馬県高崎市 代表取締役 長瀬努)は、東北地方太平洋沖地震を受け、被災者へのお見舞いおよび、同社ワークスチームCUSCO RACINGのFIAアジア・パシフィックラリー選手権およびJAF全日本ラリー選手権の参戦計画の一部変更を発表した。内容は下記の通り。

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。1人でも多くの方が救出されますことと、被災地の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 また、この地震を受け、今シーズンのラリー参戦計画を下記のとおり一部変更することといたしました。

■FIAアジア・パシフィックラリー選手権
第2戦オーストラリアおよび第4戦ニュージーランド 
・コディ・クロッカー選手の参戦中止

■JAF全日本ラリー選手権第1戦ツール・ド・九州 in 唐津
CUSCO RACING参戦中止(当初の参戦予定は下記の通り)
・柳澤宏至/中原祥雅:三菱ランサーエボリューションX
・牟田周平/保井隆宏:プロトン・サトリアネオ

ヘルメットのペイントはじめました!