APRCワンガレイ、サウイーストはメイソンを起用 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

APRCワンガレイ、サウイーストはメイソンを起用

 

 APRC第4戦、ラリーオブワンガレイの暫定エントリーリストが発行された。最終戦となるパシフィックカップでのクリス・アトキンソン(プロトン・サトリアネオS2000)、リファット・サンガー(三菱ランサーエボリューションX)のタイトル争奪バトルに注目が集まる。

 ゼッケン1は田口勝彦(三菱ランサーエボリューションX)。既報どおりブレンダン・リーブスは、ブライアングリーンモータースポーツからチームエントリーを行なった。また、サウイーストモータースポーツクムホは、今回チームエントリードライバーとして、元NZチャンピオンのリチャード・メイソンを起用。メイソンがドライブするのは、三菱ランサーエボリューションXとなる。さらにチームMRFも、元モーターイメージでのコディ・クロッカーのチームメイト、エマ・ギルモアをチームズカップのポイントドライバーとしてノミネートするなど、NZの強豪ドライバーが続々とチームエントリーでAPRC枠に参戦してくる。

 また今季PWRCで2勝をマークしシリーズ首位に立っているヘイデン・パッドンがスバル・インプレッサWRX STIで併催のNZ国内選手権枠に凱旋参戦するほか、日本の田口盛一郎が三菱ランサーエボリューションIXで久しぶりの海外参戦を果たす。

 ラリーオブワンガレイは、7月15〜17日、ニュージーランドの北島で開催される。



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018