三菱、ミラージュを大幅改良。フロント・リヤデザインを一新 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

三菱、ミラージュを大幅改良。フロント・リヤデザインを一新

©MITSUBISHI

三菱自動車は、コンパクトカー『ミラージュ』を大幅改良し、4月16日から販売する。

大きな変更点は、フロントのリヤのデザインを一新したことだ。フロントは三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用することでシャープかつ力強いデザインとし、またリヤはLEDコンビネーションランプと縦型に配したリフレクターによりワイド感と安定感を演出する。またLEDデイタイムランニングランプ、新デザインの15インチアルミホイールを採用した。

MITSUBISHI

インテリアではパワーウインドウスイッチパネルと、新デザインのメーターパネルをスポーティなカーボン調にし、質感を向上させている。

安全性能面では衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]に歩行者検知機能を追加すると共に、前方車両に対する作動速度を、約5~30km/hから約5~80km/hに拡大することで安全性を向上させたほか、サポカーSワイドに該当するようになった。

グレードはMとGが用意され、価格はMが143万2200円(税込)Gが156万9700円(税込)。いずれもエンジンは1.2LのMIVEC DOHC 12バルブ3気筒ノンターボを搭載する。

MITSUBISHI

RALLY PLUS