ライコネンF1復帰にリンドストローム「いつか再びラリーを」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ライコネンF1復帰にリンドストローム「いつか再びラリーを」

 

ロータス・ルノーGPとの2年契約に署名し、F1への復帰を発表したキミ・ライコネン。彼はWRCで過ごした2年間がドライバーとしての彼の助けになったと語った。

ライコネンは2009年WRCフィンランドにアバルト・グランデプントS2000でWRCに初参戦。しかしロールオーバーを喫しリタイアに終わった。その翌年の2010年にWRC参戦を決定。シトロエン・ジュニアチームとしてC4 WRCをドライブした。そして2011年はアイスワン・レーシングとしてシトロエンDS3 WRCをドライブし、ランキング10位に終わった。

彼のWRCでのハイライトは、2010年のWRCドイツ。初のSSベストタイムをマークした。また、WRCトルコでは総合5位でフィニッシュした。

「2年ぶりにF1に戻ることをうれしく思う。私のこのチャンスを提供してくれたロータス・ルノーGPに感謝しているよ」とライコネン。

「WRCでの時間は、ドライバーとしての自分のキャリアにとって有効だったが、F1への渇望が圧倒的にふくらんできたという事実は否定できない。ロータス・ルノーGPのチームの野心の大きさには感銘を受けたから、戻ることは簡単な選択だった。今はグリッドの最前列にチームを押し上げることを楽しみにしているよ」

彼とWRCの初挑戦時からずっとコンビを組んできたコ・ドライバーのカイ・リンドストロームは、再びラリーに復帰してくれると期待している。

「彼には(F1以外に)ラリードライバーとしての才能もあるのは疑いのないことだ。F1に復帰したことにも驚かなかったし、彼が復帰するだけの情熱をいまだに持ち合わせていたことにも驚きはなかった」

「私はいつかキミが趣味としてラリーでドライブすることを願っている。トラックでのドライビングがキミ自身の環境であり現実だ。しかし私は私たちはこの短期間のうちにラリーでもよくやったと言えるよ」

「キミはラリーに対して非常にポジティブな印象を持っているが、人間とドライブすることが彼にとってはより自然で、オーバーテイクがもたらす楽しさを取った。彼にとってF1は仕事であり、ラリーは趣味のようなものなのだろうね」



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018