勝田貴元、2020年はヤリスWRCで日本を含む8戦に参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

勝田貴元、2020年はヤリスWRCで日本を含む8戦に参戦

©Jo Lillini

TOYOTA GAZOO Racingは、2020年の勝田貴元の参戦プログラムを発表し、WRC8戦にヤリスWRCで参戦することを明らかにした。勝田は先日フランスで行われたモンテカルロ向けテストに参加しており(写真)、マシンの感触を確かめている。

2019年、WRC2クラスにR5車両で7戦出走し、チリではクラス優勝を果たした勝田。並行してヤリスWRCではフィンランドラリー選手権で2戦2勝という結果を残している。シーズン後半にはWRCドイツとスペインでヤリスWRCに搭乗、2戦とも完走を果たしている。

2020年はWRCトップカテゴリーへの参戦数を今シーズンより増やし、ヨーロッパ7戦と最終戦のラリージャパンという計8戦となった。コ・ドライバーは引き続き経験豊富なダニエル・バリットが務めるという。

トミ・マキネン(プログラム監修)
「タカは今年ヤリスWRCで実戦に臨み、いくらかの経験を積みました。今週、ラリーモンテカルロに向けたテストにも参加したことで、彼はクルマの挙動など、WRカーにさらに詳しくなり、ドライビング技術も向上しています。今年のラリースペインではいくつかのステージでは、特に2回目の走行で好タイムを記録しました。今はさらなる経験を積むことが必要で、経験によりタカはもっと成長するでしょう。2020年に参戦するラリーでは、良い走りを見せてくれると確信しています」

ヤルッコ・ミエッティネン(インストラクター)
「タカとダンは2020年のプログラムを通して、さらに成長すると思います。2019年シーズンはWRCトップカテゴリーに2戦参戦し、大きくステップアップしました。トップレベルになればなるほど、ドライバー間の争いはぎりぎりのものとなり、良いステージタイムを記録することは難しくなります。来シーズンはタカが経験済みで、攻めることのできるラリーと、クルマや路面、気象環境を学ぶことに注力すべきラリーがあります。私達は彼の成長に繋がることならどんなに小さなことでもこだわりながらトレーニングします。このように学び続けることで、目標とするトップレベルに到達するでしょう」

勝田貴元
「まずこの素晴らしい機会をつくってくださった皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいです。2020年は新たな挑戦になります。今年参戦したラリー1戦1戦すべてがとても良い経験になりました。なかでもWRCトップカテゴリーに参戦できたことはとても大きなステップになりました。今年ヤリスWRCで参戦したラリーからの学びは多く、トップを目指すためにはドライビング技術やペースノートのレベルを上げることが必要だということが分かりました。来シーズン、自分がどこまで成長できるか本当に楽しみです。年間通して良い走りをお見せできるよう頑張ります。シーズンの幕開けに向けて本当に気持ちが高まっています」

勝田貴元 2020年参戦予定スケジュール
1月23-26日 モンテカルロ
2月13-16日 スウェーデン
5月21-24日 ポルトガル
6月4-7日 イタリア
8月6-9日 フィンランド
10月15-18日 ドイツ
10月29日-11月1日 英国
11月19-22日 ジャパン

ラリプラメンバーズ2020