フォードMスポーツ ドライバーコメント(3日目) – RALLYPLUS.NET ラリープラス

フォードMスポーツ ドライバーコメント(3日目)

 

フォードMスポーツのオット・タナクとエフゲニー・ノビコフ、デニス・カイパースのコメント

オット・タナク/総合13位
「午後の最初のふたつのステージはOKという感じだった。最初のステージ(SS14)ではソルドに問題があって、スローダウンを余儀なくされた。でも、大部分は良い状態だった。でも、最後のステージ(SS16)では苦しい結果となってしまった。なぜだかあのステージではよいバランスを見つけ出せなかったんだ。
サービスではセットアップにはほとんど手を付けず、ちょっとだけ調整をして、明日も頑張るよ」

エフゲニー・ノビコフ/総合3位
「午後のループはプッシュし続けていたつもりだったのだけど、結構難しかった。何回かちょっとしたミスをしたけど、おそらく最大でも10秒程度と、それほどのタイムロスはなかったと思う。
ステージのことを知らない状態で戦っているから、とにかくベエストをつくしている。明日の天気がどうなるか注意したいと思う。もし雨ならば当然プッシュするし、ドライだったらペースを維持してラリーを終えることに集中する」

デニス・カイパース/総合7位
「今日の午後はドライだったという意味でとても良かった。クルマに関してとてもいい感触で、午後にはタイムを更新できた。たくさんの収穫があったので自信につながった。
明日に向けては大きな変更はしないつもり。リズムをキープして、前にいるドライバーにプレッシャーを掛けられるように務める」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS