トヨタのWRC復帰は2014年? – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタのWRC復帰は2014年?

 

 ラリー界が渇望するマニュファクチャラーのWRC新規参入。なかでもトヨタの復帰に関してドイツTMGが着々と準備を進めていることはWRC PLUS本誌でもこれまで何度か取り上げてきたとおり。

 WRC公式サイトであるwrc.comも、英国AUTOSPORT誌が報じたとしてTMGの木下美明社長が、復帰するのであれば2014年の可能性が高いことを明かした。
 ここまで、トヨタがWRC規定に合致する1.6リットルターボエンジンの製作を既に始めていることが伝わっている。完成と同時にFIAの公認も申請し、ベースにはヤリス(日本名ヴィッツ)が採用されるものと見られている。ヤリスの全長は、レギュレーション規定の3.9mよりも15cm短い。

「2014年には間に合わせたいというのが願望」と木下社長はAUTOSPORT誌に語った。「もちろん、最終目標はWRCプログラムだが、WRCに復帰するまでにはいくつか段取りを踏まなくてはならない。ラリー活動は1999年に中止しているし、その後ほとんどのスタッフが去っているため、社内にはノウハウがないからだ。我々に必要となるのは、エンジンのプリペア、ホモロゲーションが公認されたシャシー、そして再び知識を蓄積すること。そうして、復帰の準備が整う」

 トヨタは現在、耐久レースの3カ年プログラムの1年目が始まったところだが、木下はこの活動もWRCプロジェクトに活かせる可能性があるとも語った。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS