全日本ラリーいわき:TGR Vitz GRMN Rallyが今季初勝利 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリーいわき:TGR Vitz GRMN Rallyが今季初勝利

©TOYOTA

8月24日(金)~8月26日(日)、2018年全日本ラリー選手権第7戦「MSCCラリー in いわき2018 Supported by Sammy」が、福島県いわき市を起点に行われ、TOYOTA GAZOO Racingの眞貝知志/安藤裕一組(TGR Vitz GRMN Rally) が、今シーズン初勝利を獲得した。

モータースポーツの厳しい環境の下で「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的に、2018年の全日本ラリー選手権に参戦するTOYOTA GAZOO Racing。チームは、前戦から今大会までの約2カ月間というインターバルを利用して、車両セッティングの調整を目的としたテストを実施し、この第7戦を迎えたという。

2年ぶりとなった福島県開催の全日本ラリー選手権は、拠点を棚倉町からいわき市小名浜地区に変更。グラベル(未舗装路)ラリーながら、初日には舗装路を走るSSが新設されるなど様々な路面が舞台となる。ドライバーの眞貝は「手強いライバルの多いJN5クラスですが、彼らのスピードに惑わされることなく、しっかり走り切りたいと考えています。シーズンの山場である次戦のラリー北海道に繋がる戦いがしたいですね」と、意気込みを語った。

一部に湿った路面が残るコンディションとなったSS1を3番手タイムでクリアした眞貝選手は、SS2とSS3で連続ベストタイムを記録し、2番手に浮上。さらにSS6、SS7でもベストタイムを刻み、トップで初日を終えた。ラリー2日目、僅差で首位を争っていたライバルがリタイアを喫したため、眞貝選手は2番手以下に大差をつけて走行。最終SS前に2速ギヤを失うトラブルが発生したものの、眞貝選手はミスなく走り切り、今季初勝利を達成した。TGR Vitz GRMN Rallyにとっても初勝利であり、チームは、2016年の「久万高原ラリー」以来となるJN5クラス優勝を果たした。

TOYOTA

豊岡悟志(チーム監督)
「TGR Vitz GRMN Rallyの初優勝を心を寄せる東北の地で飾れて本当にうれしいです。過酷で厳しいラリーでしたが、眞貝選手と安藤選手がクルマと対話をしながら絶妙なマネージメントによりフィニッシュまで走り切ってくれました。ふたりには本当に感謝しています。ここまでリタイアが続くなか、メカニックも毎日夜遅くまで対策を考えて準備してくれました。その努力と、地元のたくさんの皆様の声援に運が味方してくれたのだと思います。次は山場となるラリー北海道です。超高速ラリーでクルマへの負担も大きいですし、しっかり準備をして向かいます」

宮本昌司(チーフメカニック)
「難しいコースコンディションのなかで、このクルマのコントロールのしやすさ、そしてスーパーチャージャーの出力特性が有利に働いたと思っています。2016年の優勝は幸運にめぐまれた部分が大きかったと思いますが、初日からしっかり走って手にした今回の勝利は、チームのメンバーだけでなく、開発陣にとっても大きな励みとなるはずです。ただ、車両性能でライバルとはまだ差があるので、ここで満足してはいけないと思っています。まだシーズンは残り3戦ありますし、次のラリー北海道は走行距離が長い一戦です。今回発生したトラブルにもしっかり対処して挑みたいと思います」

佐々木良典(ヴィッツGRMN開発エンジニア)
「感無量とはこのことですね。本当にうれしいです。このクルマに携わってくれた人すべてに届けたい勝利です。眞貝選手と安藤選手の頑張りに、心から感謝しています。今回は車両に細かい調整を施して挑んだラリーでした。前回のリタイアもあったので、眞貝選手も車の様子を見ながらかなり慎重に走ってくれたと思います。 そして、チーム全体の力が上がってきていると実感できるラリーでした。今回のラリーで得られたデータをしっかりと分析し、次のラリー北海道に向けたアップデートを検討したいと思います」

眞貝知志(ドライバー)
「優勝という結果を得ることができて、本当に良かったです。最後までクルマが持ちこたえてくれました。最終日の後半、クルマに少し問題があったためペースを落としましたが、ラリーを通じてTGR Vitz GRMN Rallyは運転しやすく、ラフな道でも安心してアクセルを踏むことができました。人にもクルマにも厳しいラリーでしたが、あらためてTGR Vitz GRMN Rallyの耐久性は驚異的だと思います。次のラリー北海道に向けては、今回の結果に油断することのないように、改めて自身のドライビングを見つめ直して挑みたいと思っています」

2018 MSCCラリー in いわき2018 Supported by Sammy JN5クラス最終結果
1. 眞貝知志/安藤裕一(TGR Vitz GRMN Rally) 1:10:32.9

2. 小濱勇希/馬場雄一(シトロエンDS3 R3-MAX) +52.8
3. 鷹野健太郎/松本優一(フォード・フィエスタR2) +8:31.2
4. 横嶋良/木村裕介(プジョー 208 R2) +14:39.0

※出走5台、完走4台



RALLY PLUS