WRCスペイン:デイ2チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:デイ2チームコメント

 

ラリー・デ・エスパーニャ、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント

シトロエン・トタルWRT
セバスチャン・ローブ/総合首位
「道はドライで、午前と比べるとだいぶ落ち着いてきたから、このようなコンディションでドライビングするのは楽しかった。いい走りができたし、パンクを避けるようにもしていた。少しリードしているので、最終日はいい感じにチャンスがありそうだ」

ミッコ・ヒルボネン/総合3位
「いいね、今日の自分のパフォーマンスには満足しているが、いつもさらに上を求めている。ステージウィンのチャンスを得るために、成長を続けなくてはならない。どんな状況でも、明日はプッシュを続けなくちゃね」

フォードWRT
ヤリマティ・ラトバラ/総合2位
「ミスもなく、タイヤチョイスも完璧だった。でも、午後のセッティングのチョイスはソフト過ぎて、自分のベストの力を出せなかった。道は80%はドライで、ウェットの部分もあったけど、変化というほどではなかった。明日は守りに入らなくてはならない。選手権では絶対に3位を獲りたいからね。ローブに追いつくようなリスクは負えない。自分の優先順位のために、バランスを取らなくては。もっと雨が降れば、コンディションはまた不安定になる。そうなれば、昨日のように展開にも影響するだろう」

ペター・ソルベルグ/総合15位
「昨日はトップ10を目指した結果、かなりタイムをロスしてしまったので、今日はとにかく、フィニッシュを目指して走った。コンディションは、午前はマディだったが、午後は落ち着いてきた。明日の目標は、パワーステージ。今季最後の舞台で勝つことを目指すよ」

Mスポーツ・フォードWRT
オット・タナク/総合4位
「午後はとてもよかった。ほぼ完璧。最初のステージ(SS9)では小さな石に接触し、ホイールを少し破損したが、それ以外はたいしたドラマはなかった。ドライブを重ねる度に、フィーリングがどんどんよくなる。今は、とてもいい感じになっていると思うよ。今年は、3,4回はミッコを交わすことに挑戦したが、一度もうまく行っていない。現状、自分のペースにはいい感触をもっているし、かなり速いようだから、この流れを維持して、明日どうなるか、楽しみにしているよ」

アダプタWRT
マッズ・オストベルグ/総合5位
「午後は何が問題だったのか、よく分からない。マシンのセッティングにはかなり苦戦した。最初のステージ(SS10)からいきなり、大きくアンダーが出ているのを感じたから、高速セクションでプッシュできなかった。スローコーナーではもっと悪くて、マシンをまったく傾けることができなかった」

エフゲニー・ノビコフ
エフゲニー・ノビコフ/総合8位
「午後は特に何もなかった。ステージは少しドライになったけど、ソフトタイヤを履いたので、あまりいい感じに摩耗しなかった。でもそれ以外はOK。ステージをエンジョイしているし、できる限り経験を積んでいる」



RALLY CARS
RALLY CARS