プジョー208 タイプR5、初期テストを終了 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

プジョー208 タイプR5、初期テストを終了

 

 2012年9月のパリモーターショーで発表されたプジョーの新型ラリーカー、タイプR5が初期テスト走行を無事に終えた。

 テストが行なわれたのはフランス南部、マルセイユ近郊のリブー。12月15日から4日間にわたってグラベルロードを走行した208タイプR5は、初期プログラムの目標を無事に達成した模様だ。テストを担当したクルーはブライアン・ブフィエ/クサビエ・パンセリ。

 プジョー・スポールのカスタマーコンペティション部門に所属するテクニカルマネージャー、アレクシス・アブリルは次のように語っている。
「とりあえず第一段階は終了した。でも次の段階に進むまでにやるべきことが山積みだね。信頼性の確認のためにはもっともっと走り込まないといけないし、それができて初めてパフォーマンスの向上に目を向けられるんだ。現時点では販売までの間に1万km近くのテストを予定している」

 ドライブを担当したブライアン・ブフィエは「マシンの感触は悪くなかったよ。バランスもいい。これは将来のラリーカーの基準となりうるんじゃないかな。ターボのおかげでトルクもあるし、グラベルにおいては大きな武器になるね」と好感触を口にしている。

 208 タイプR5はFIAの提唱するR5規定に則った最初のマシン。テストではバンパーが一部未塗装となっていたため展示車と違う印象を受ける。今後は207 S2000に取って代わる存在として、プライベーターたちを支えるラリーカーとなるはずだ。

↓パリモーターショーの模様はコチラ↓
■写真で見る:プジョー208タイプR5
http://as-web.jp/rallyplus/blog/info.php?n=1&no=583

RALLY PLUS
RALLY PLUS