WRCモンテカルロ:デイ1チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:デイ1チームコメント

 

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
セバスチャン・ローブ/総合首位
「タイミングシステムの調子が悪いから、自分のペースがどれくらいなのか全く分からず、自分のリズムを変えることができなかった。だから午後はずっとハードにプッシュしていた。それがうまくいったし、充分なリードを築くことができた。でもまだ始まったばかり。長い3日間が残っている」

ミッコ・ヒルボネン/総合 3位
「午後はそう悪くはなかったし、本当にこのラリーはどうなるか分からないね。午前中は今ひとつな走りだと思ったら、今はそのアプローチを維持した方がいいみたいだ。簡単ではないが、いいリズムをキープして、ちょっと速さを増して、トラブルを避けるようにしていきたい。たぶんオジエにも追いつけるんじゃないかな」

[カタールMスポーツWRT]
エフゲニー・ノビコフ/総合6位
「今日の午後はタイヤをミックスさせたので、かなり難しかった。グリップが常に変化するので、いつプッシュすればいいのか、判断が難しい。でも、今日の自分のペースには全体的には満足。長く難しいラリーだし、一番重要なことはコースにとどまり続けて、少しでも多くの経験を積むことだ」

マッズ・オストベルグ/総合7位
「ステージのタイムにはかなり満足している。フィニッシュした時は、最悪のタイムだと思ったけど、他のドライバーも苦戦していることが分かったので、走行順が後のチームはさらに大変だと思う。だから、午後の自分のパフォーマンスにはハッピーだ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
セバスチャン・オジエ/総合2位
「モンテの滑り出しとしては上々で、十分満足。でも、まだ初日が終わっただけで、山場はこれからだ。ポロR WRCのフィーリングはよく、午前中のステージウィンは本当にうれしい。攻めすぎず自分のリズムで走っているから、タイムを見て驚いたよ。このコンディションではタイヤ選択が本当に重要になってくるから、初めて挑んだグラベルクルーはとてもよくやってくれた。金メダル級の働きだよ」

ヤリマティ・ラトバラ/総合5位
「モンテらしい予測不可能な初日を乗り切った。一番重要なことだ。でも、今日は自分に流れが来ていなかった。最初のSSでタイヤがかなり張ったので、次のSSに行くまでに変えなくてはならなかった。時間を間違えて、スタートに遅着してしまった。SS4では、パンクしたまま5kmを走行したので、かなりタイムをロスした。ドライビング面では、まだ自分のリズムをつかみきれていない。ここからだ」

[アブダビ・シトロエン・トタルWRT]
ダニ・ソルド/総合4位
「最後のSSでミッコ(ヒルボネン)に抜かれたけど、今日の出来にはガッカリしていないよ。なかなかいい位置につけているし、ポディウムも十分に狙える。道にとどまることさえ難しい状況だ。アイスとスノーに泥が混じると、グリップがまったくなくなる。明日はもう少し安定したコンディションになってほしいね」

[カタールWRT]
ユホ・ハンニネン/総合8位
「午前と比べて午後は今ひとつだった。SS3ではスノータイヤにスリック2本をクロスで履いたが、この組み合わせでは自信を持って走れなかった。最後のステージ(SS4)はかなり慎重に行ったが、それでもフィニッシュ手前4,5kmの辺りのナローセクションでスピンしてしまった。3,4回切り返さなくてはならず、エンジンもストールしたから、かなりタイムをロスしてしまった」

ティエリー・ヌービル/SS4でコースアウトによりリタイア
「SS4ではラインを追っていたが、大きくカットしたところがあり、そこでホイールを少しヒットしてしまった。そのまま走り続けたが、何か違和感を感じていた。停車してチェックすると、左フロントにダメージを負っていて、残念ながら直すことは不可能だった。いいペースで5位を走っていたので、とても悔しい」



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018