メガウェブで画期的なラリー講習会を実施 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

メガウェブで画期的なラリー講習会を実施

 

 3月10日(日)、お台場のメガウェブで画期的なラリーイベント「GAZOO Racing Presents ラリーカー同乗走行会&TRDラリーチャレンジライセンス講習会」が開催された。

 このイベントは、モータースポーツ参加者拡大を推進するGAZOO Racingと、初心者向けのTRDラリーチャレンジを企画するTRDが協力して行なったもの。Bライセンス講習会と実戦ラリー講習会、そして本物のラリーカーを使った練習走行までがセットになった夢のプログラムだ。

 実戦ラリー講習では、まず昨年の新城ラリーに初出場したGAZOO Racingのモリゾウ選手の参戦DVDを見ながら全体の流れが説明された後、ラリーの仕組みやアイテナリーの読み方、ロードマップの読み方などを早足ながら学ぶ座学を受ける。そしてその後は本物のラリーカーのところへ移動して、実際に見たり乗り込んだりしながら、TRDラリーチャレンジに必要なラリーカーの装備をレクチャー。会場には用品メーカーのブースが設置され、ヘルメットやレーシングスーツもその場で見たり試着したりできるシステムになっていた。

 そして、講習の次はいよいよ練習走行だ。ライドワンコースの中をリエゾン、SSに見立てて用意されたロードマップと看板に従って、ラリードライバーが運転するラリーカーの助手席に16名の参加者ひとりひとりが座って、模擬ラリーを体験した。最初はおそるおそるだった参加者も、クルマから降りてくると「面白かった。ラリーの仕組みがよく分かった」と笑顔。

 同日はこのほかにもラリーカーのデモランや、一般のお客様を対象とした同乗走行、ドライバーを担当した勝田範彦選手、番場彬選手、天野智之選手、井上裕紀子選手、寺田昌弘選手(ダカールラリー)のトークショーなども開催され、盛りだくさんの1日だった。

 初心者にとっては、ラリーをやってみたくとも、どうやって参加すればいいかよく分からないというのが現状だ。そのステップとしては、Bライ取得とともに「ラリーの最初の一歩」を分かりやすく教えてもらえる今回のようなイベントは今までにない試み。今後も開催を予定しているというから、注目しておきたい。



RALLY PLUS
RALLY PLUS