TRDラリーチャレンジに脇阪/飯田組が参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TRDラリーチャレンジに脇阪/飯田組が参戦

 

 トヨタのラリーカーで争われるTRDラリーチャレンジ第2戦長野が、菅平高原で開催され、トヨタ自動車代表取締役社長のモリゾウこと豊田章男選手に加え、レーシングドライバーの脇阪寿一/飯田章組がトヨタ86でスポット参戦した。

 午前の走行を終えて、ラリー参戦が初めてという脇阪選手は「楽しいです。ダートを走るのも初めてで、どう走っていいかもよく分かりません(笑)。コ・ドライバーとふたりで組んで走るというのが面白いですね」と終始笑顔。コ・ドライバー初経験の飯田選手は「ふたりの信頼関係、距離感が重要ですね。僕は寿一が行き過ぎないように抑えたりするけど、逆の立場でもそうなるのかもしれない」と、普段のひとりでの走りとの違いについて語った。

 TRDラリーチャレンジは、初心者でも参戦できるSS方式のラリー。1日でレッキからSS、サービス、表彰式までを行う。歴代ヴィッツやトヨタ車のラリーカーが排気量別のクラスに別れて戦っている。第2戦は、3本のグラベルと4本のターマックを組み合わせた計7本のSSで争われる。

RALLY PLUS
RALLY PLUS