ハセガワ、70年代のサファリを連覇したブルーバード&フェアレディZのプラモデルを再販 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ハセガワ、70年代のサファリを連覇したブルーバード&フェアレディZのプラモデルを再販

©HASEGAWA

プラモデルメーカーのハセガワは、1/24スケールの「日産 ブルーバード 1600 SSS “1970 サファリ ラリー 優勝車”」と「ダットサン フェアレディ240Z “1971 サファリ ラリー ウィナー”」を12月27日頃より再販する。価格は3200円(税別)。
 
P510型のブルーバードは、70年に日産に悲願のサファリ初優勝をもたらした日産にとってのメモリアルモデル。もう1台の240Z型フェアレディZは、より戦闘力の高いグループ4マシンとして投入され、2連覇を成し遂げたモデルだ。

HASEGAWA

その後、73年にも240Zで、さらに79年から82年までサファリ4連覇を成し遂げ、世界に「ラリーの日産」の名を広く知らしめるきっかけとなった記念すべき2台となっている。いずれもエドガー・ハーマン/ハンス・シュラーがドライブした。ちなみに、この2台とも各地のイベントや日産のギャラリーなどで、レストア済みの実車を見ることができる。



ワールドラリーカレンダー2019