WRCドイツ:デイ3を終えてハンニネンが5位浮上、大会最長SSでベストタイム – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCドイツ:デイ3を終えてハンニネンが5位浮上、大会最長SSでベストタイム

©TOYOTA

8月19日(土)、WRC第10戦ラリードイツのデイ3がドイツ西部のボスタルジーを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racingのユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRCが総合5位、ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC)が総合7位につけた。また、この日再出走したエサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC)は、総合22位に順位をあげた。

ラリードイツのデイ3は、昨日とは打って変わって青空の下でスタート。ラリーの名物であるバウムホールダー軍事演習場内でのステージ「アリーナ・パンツァープラッテ」および「パンツァープラッテ」には大勢の観客が集まり終日ラリーを楽しんだ。とくに、今大会最長となる41.97kmのパンツァープラッテは非常に手強いステージとして知られた難コースだ。

そのパンツァープラッテの1本目、SS10でハンニネンはベストタイムを記録し、ヤリスWRCのターマックでのパフォーマンスを示してみせた。ハンニネンはSS13で4位に順位を上げたが、パンツァープラッテの再走ステージとなるSS15では、何らかの衝撃でダンパーを破損。その後の2SSをそのままの状態で走りタイムをロスしたものの、ハンニネンは4位と4.2秒差の5位につけデイ3を締めくくった。

また、SS15ではラトバラとラッピがパンクによるタイヤ交換で大幅にタイムロスしたが、ラトバラはその後SS16でセカンドベストタイムを、SS17ではベストタイムを記録し、良い形で1日を終えた。

トミ・マキネン(チーム代表)
「良いことも悪いことも起きた、大変な1日だった。ユホはパンツァープラッテをはじめとするSSで素晴らしい走りをし、信じられないようなパフォーマンスを見せてくれた。午後はダンパーのトラブルでやや遅れをとったが、それでも4位の選手との差は小さいので明日は面白い戦いになるだろう。また、今日はヤリ-マティも良いタイムを刻んだ。我々のクルマはターマックでの経験がまだ十分ではないが、どの部分を改善すればさらに良くなるのかは理解しているので、引き続き改善を続けていきたい」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ
「午前中はミスをしたり、タイムが上がらなかったりと、なかなかうまく行かなかった。午後はかなり攻めて走ったが、残念ながらパンクで大きくタイムを失ってしまった。それでもパフォーマンス自体は悪くなく、午後は速さも見せられた。明日は今日の午後の良いフィーリングを保って走りたい」

TOYOTA

ユホ・ハンニネン
「午前中のパンツァープラッテのSSを走り終え、トップタイムだったと知り本当に嬉しかった。そして、午前中のSSは全体的にとても良好だった。午後のパンツァープラッテではダンパーが破損してしまったが、それを除けばクルマは本当に良いフィーリングだった。明日はエルフィンとの4位争いになる。前戦のラリーフィンランドでは同じような状況で彼に負けているので、今回は勝ちたい」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「今日はうまく行かない1日だった。何とか速く走ろうとベストを尽くしたが、なぜかあまり良いタイムが出せなかった。今晩サービスでクルマにいくつか改善を施すので、明日はきっとタイムも良くなると思う。ゆっくり休んで明日に備えたい」

最終日となる8月20日(日)のデイ4は、ボスタルジーのサービスパークを中心に4本のSSが設定され、最終SSはパワーステージに指定されている。4本のSSの合計距離は51.94km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は228.50kmとなっている。

WRCドイツSS17終了後暫定リザルト
1. オット・タナク(フォード・フィエスタWRC) 2:31:32.2
2. アンドレアス・ミケルセン(シトロエンC3 WRC) +21.4
3. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) +29.6
4. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) +1:48.3
5. ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC) +1:52.5
6. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC) +2:06.7
7. ヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +4:04.9
8. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) +4:31.3
9. エリック・カミリ(フォード・フィエスタR5) +8:41.9
10. アルミン・クレーマー(フォード・フィエスタWRC) +8:54.5

22. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC) +17:43.3

チームはデイ3ハイライト動画を公開している。

RALLY PLUS