WRCポーランド:デイ3を終えてハンニネンがヤリス最上位の総合11位、ラトバラはマシントラブルでストップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:デイ3を終えてハンニネンがヤリス最上位の総合11位、ラトバラはマシントラブルでストップ

©TOYOTA

7月1日(土)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリーポーランドのデイ3が、ポーランド北東部のミコワイキを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC #11号車)が総合11位につけた。なお、前日総合3位のヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)は、メカニカルトラブルによりSS16でマシンをストップし、デイ4での再出走を目指す。

競技3日目となるデイ3は、上位勢を含む多くの選手にさまざまな問題が発生する大荒れの展開となった。トップと6.6秒差でデイ3をスタートしたラトバラは、オープニングステージのSS11でベストタイムを記録。トップと5.8秒差に迫った。そして、以降も2、3番手タイムを刻むなど好調を維持したが、SS16でメカニカルトラブルが発生し、走行を諦めなくてはならなくなった。前日8位のハンニネンは、ターボの加給圧のトラブルや、スローパンクチャーに見舞われたが、粘り強い走りでタフな1日を走破。明日のラリー最終日でのポジションアップとポイント獲得を狙う。

TOYOTA

トミ・マキネン(チーム代表)
「昨日のエサペッカ・ラッピ、そして今日のヤリ-マティと2日連続で厳しい1日となってしまった。ヤリ-マティにはラリーをリードする速さがあっただけに残念だ。明日は再出走を予定しているが、まずはクルマに何が起こったのかを精査し、再発防止に全力を尽くす。とにかく、我々は懸命の努力を続け、学びを怠らず、改善を続けなくては。ユホもトラブルフリーの1日ではありませんでしたが、頑張って走り続けてくれた。明日はパワーステージもあるので、ユホとヤリ-マティには、できるだけ多くのポイント獲得を期待している」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)
「SS16の途中でクルマにトラブルが発生し、走行を続ける事ができなくなった。それまではクルマのフィーリングがとても良かったのでほんとうに残念。ポイントを大量に獲得できる好機を逃したことはシリーズ争いにとって痛手だが、明日はパワーステージも控えているので、決して諦めず戦い続ける」

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)
「午前中のステージでターボの加給圧に関するトラブルが発生し、エンジンの回転数を高く保って走る必要があった。しかし、どうすべきか理解していたので、善処する事ができた。午後は問題は起こらなかったが、スローパンクチャーによるタイムロスが残念だった。大変な1日だったが、重要なのはこのタフなデイ3を最後まで走り切った事。明日のラリー最終日は、ポイントの獲得を目標に頑張るよ」

TOYOTA

WRCポーランドSS19終了後リザルト
1. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 2:10:26.3
2. オット・タナク(フォード・フィエスタ WRC) +3.1
3. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) +25.5
4. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) +1:32.0
5. ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:43.8
6. テーム・スニネン(フォード・フィエスタ WRC) +2:06.2
7. ステファン・ルフェーブル(シトロエンC3 WRC) +2:20.3
8. マッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタ WRC) +2:45.8
9. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタ WRC) +3:23.1
10. アンドレアス・ミケルセン(シトロエンC3 WRC) +3:34.6
11. ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC) +3:38.0
24. ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +27:49.7
R. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリス WRC)

チームはFacebookでデイ3ハイライト動画を公開している。

RALLY CARS