サファリ勝者ジョギンダ・シン亡くなる。ミツビシのWRC勝利に貢献 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

サファリ勝者ジョギンダ・シン亡くなる。ミツビシのWRC勝利に貢献

 

 1965年、74年、76年とサファリ・ラリーで3度の優勝を誇り、うち2回はミツビシ・ランサーを駆り勝利を飾ったラリードライバー、ジョギンダ・シンが20日、訪問中のロンドンで亡くなった。81歳だった。

 ジョギンダ・シンはケニア出身で、10人兄弟のひとりとしてガレージを営んでいた家庭に生まれたことから自動車に親しみ、1960年代からアフリカを中心に長距離ラリーで活躍した。

“フライング・シーク”の異名をとりヨーロッパ勢に畏れられたシンは、東アフリカ・サファリラリーで1965年にボルボPV544を駆り初優勝。また、キャリアでもハイライトとも言えるのが1974年のサファリラリーで、ミツビシ・ランサーを駆り、ミツビシのWRCデビューラリーでポルシェ等の強豪を打ち破り優勝。その後のミツビシラリー史に残る勝利を飾った。

 さらに、76年にはふたたびランサーを駆りサファリ優勝。WRCでの勝利はこの2勝のみだが、ミツビシのラリー活動の礎を築いたドライバーとして近年たびたび来日していた。



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018