TMG、2014年にヤリスWRカーをテストへ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TMG、2014年にヤリスWRカーをテストへ

 

 英国オートスポーツ誌は、TMGがヤリスWRCを開発し、2014年にも走らせる予定であることを広報が認めたと伝え、トヨタのWRC復帰が近づいたと報道した。

 TMGの広報は「TMGとしては、WRCへの復帰に大きな興味を持っている」と語ったという。「来年には、1.6リットルターボエンジンを搭載したヤリスWRCのテストを始める。かなり小規模なプログラムで、WRカーの経験を得ることと、走らせる上で技術面の基礎知識を更新し築くことが目的だ」

 マシンは現在、開発中だと見られているが、参戦プログラムについては何も決定していることはないという。トヨタのLMP1プログラムでテクニカルディレクターを務めるパスカル・バッセロンも「WRCに参戦する時期については、決めていない」とコメントしている。

 先出の広報は、WRC復帰に関して公式なゴーサインは出ていないが、「流れからいえば」進めていくことになるだろうと付け加えたという。

「最終的に決断するのは日本サイドであり、現状では明確な指示は出ていなければプランも固まっていないが、我々としては実現したいと思っている。そういう意味では、見通しとしては明るい」

 トヨタが最後にWRCに参戦したのは、カローラWRCで参戦した1999年。2012年には、TMGが開発したヤリスR1AをWRCドイツ戦にゼロカーとして投入し話題になったほか、先日は、2015年にはR3カテゴリーの86 CS-R3をカスタマー向けに供給を開始することを発表したばかり。

RALLY CARS
RALLY PLUS