ERCラトビア:レグ1はラッピが首位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCラトビア:レグ1はラッピが首位

 

 ERC第2戦ラリーリエパヤは1月31日、ラトビアのリエパヤ周辺で開幕。2月1日にはレグ1に設定された6SSの走行が行われ、初日を終えた時点で今季の自身緒戦に挑んだシュコダ・モータースポーツのエサペッカ・ラッピ(シュコダ・ファビアS2000)が首位に立った。

 予選でトップタイムをマークしたセップ・ウィガン(シュコダ・ファビアS2000)が選んだ走行順は、自身が好きな番号だという「7」。続いて2番手タイムのクレイグ・ブリーン(プジョー207S2000)は14番、サードベストのラッピは10番、WRCモンテカルロで総合2位の金星を挙げたブライアン・ブフィエ(シトロエンDS3 RRC)は16番を選択した。

 この走行順はレグ1の展開にすくなからずの影響を与え、高速グラベルステージは前夜の大雪が降り積もったフルスノー状態。グリップが得られず走行ラインを作るのにも苦労する状態だったため、雪が踏み固められた後方スタートが有利となった。

 序盤首位に立ったのは、ブフィエ。しかし続くSS2の中盤でヒットしラジエター破損でリタイアすると、プライオリティドライバーの中では最も走行順が遅かったロシア出身でラトビアの競技ライセンスを所有する弱冠20歳のベイジリー・グリアジン(フォード・フィエスタS2000)が首位に浮上する。

 しかし、リピート走行となる午後のセクションに入り後方スタートの優位も薄れてくると、思うようにグリップが得られず苦戦するグリアジンを尻目に、23歳になったばかりのラッピがSS4からベストタイムを連発。この日最後のSS6でついにグリアジンをとらえ、首位を奪取してこの日をまとめた。

「いい一日だったよ」と語るラッピは、SS6だけでグリアジンを15.1秒先行し、総合タイムでは2.6秒の差をつけてこの日を終えた。「ベイジリーは素晴らしい走りをしていたけど、僕もトップを狙っていたからね。ラインがクリーンで道がワイドな時はかなり走りが楽しかった。プッシュもできるし、最高だよ」

 プジョー207S2000での最後のラリーとなるブリーンは、セッティングが合わずに苦戦。それでも、SS5に3位に浮上すると、そのまま順位を守ってこの日を終えた。4位はポーランドのカエタン・カエタノビッチ(フォード・フィエスタR5)、予選トップのウィガンは午前の不調から午後になるとペースをつかみ出し、5位でこの日を終えた。
 
 プロダクションカップでは、SSベスト合戦の混戦の中、エストニアのシーム・プランギ(三菱ランサーエボリューションX)、今季から始まったジュニアカップ2WDカップではいずれも、チェコのヤン・チェルニー(プジョー208R2)が首位につけている。

 レグ2も3SSを2回ループする6SS・102.84kmが設定されている。

RALLY CARS
RALLY PLUS