全日本ラリー久万高原:奴田原が僅差で1勝目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー久万高原:奴田原が僅差で1勝目

 

全日本ラリー選手権第2戦「久万高原ラリー2014」が5月4日〜5日にかけて開催された。今季最初のグラベルラリーは12のSS、SS総距離約69kmでの戦い。美川スキー場跡地を中心として、セレモニアルスタートやギャラリーステージも設定され、多くの観客がゴールデンウィークにラリーを楽しんだ。

4日は好天に恵まれたが、5日は雨に見舞われ、岩場や岩石の多い路面によりマシンへのダメージも大きく、トラブルに見舞われる選手も続出し、ラリー展開にも大きく影響することとなった。

JN6クラス(旧JN4クラス)は、SS1で奴田原文雄(三菱ランサーエボリューションX)がクラッシュ、新井敏弘(スバルWRX STI)がタイヤバーストに見舞われたが、続くSS2から猛追し、首位奴田原、2番手炭山裕矢(スバルWRX STI)、3番手勝田範彦(スバルWRX STI)、4番手牟田周平(スバルWRX STI)、5番手新井という順位に。2日目に入ると新井が徐々に順位を上げていくが、最終的にわずかに届かず、奴田原が今季初勝利。2位に新井、3位に勝田が入った。

86&BRZやインテグラ、カローラレビンらがしのぎを削るJN5クラス(旧JN3クラス)は、4WDターボのダイハツ・ブーンX4を駆る小倉雅俊と松原久のふたりが首位争いを展開。初日は首位小倉、4.2秒差の2番手に松原がつけ、2日目も小倉と松原の一騎打ち。首位を入れ替えながらの戦いは、最終のSS12で小倉が逆転勝利。2位に松原、3位にBRZの鎌田卓麻が入賞した。

JN3クラス(旧JN2クラス)は10台中5台がリタイアというサバイバルラリー。そのなかで、天野智之(トヨタ・ヴィッツRS)が序盤から首位を快走しそのまま優勝。2位は昨年のJN1クラスチャンピオンである松岡竜也(スズキ・スイフト)、3位は藤田幸弘(マツダ・デミオ)。

JN1クラスは、1300ccのマツダ・デミオを駆る宇田圭祐が昨年に続き久万高原2年連続優勝。鷲尾俊一(ダイハツ・ストーリアX4)が2位となり、5台参戦中完走できたのは2台のみだった。

なお、開幕戦唐津で初成立したJN4クラス、JN2クラスはともに不成立に終わっている。

■全日本ラリー選手権 第2戦久万高原ウイナー
JN6 奴田原文雄/佐藤忠宜 ADVAN-PIAAランサー 1:10’55″8(総合1位)
JN5 小倉雅俊/平山真理 DLデューポイントブーン 1:16’49″3(総合8位)
JN3 天野智之/井上裕紀子 豊田自動織機・ラック・DLヴィッツG’s 1:18’19″1(総合11位)
JN1 宇田圭佑/石川恭啓 BRIGヨコハマWAKO’Sデミオ 1:20’52″4(総合14位)
※JN4、JN2は不成立

RALLY PLUS
RALLY PLUS