トヨタ、WRC活動におけるマイクロソフトとの基本合意を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、WRC活動におけるマイクロソフトとの基本合意を発表

©TOYOTA

トヨタ自動車は9月29日、フランスで開幕したパリ・モーターショーに、開発中のトヨタ・ヤリスWRCのテストカーを出展。さらにメディアコンファレンスでは、2017年から開始するWRC参戦活動において、マイクロソフトが、TOYOTA GAZOO Racingの「テクノロジー・パートナー」として参画することを発表した。

TOYOTA

TOYOTA

マイクロソフトとトヨタは、両社のビジョンを共有する重要なパートナーであり、既に1月には、ビッグデータの収集、分析、利活用を目的とする「Toyota Connected, Inc.」を設立している。今回の提携は、従来からのマイクロソフトとの協力関係の上に成り立っているとしている。

今後は、マイクロソフトの技術を活用して、レース活動やチームデータ共有のための情報プラットフォームを開発し、レース活動を強化するという。さらに、WRC活動で実践する極限走行における車両から得られる情報を集約し最先端のデータ解析、クルマ作りに向けたデータの研究、活用を行っていく。チーム活動においてもクラウドを使用し、画像や動画などの素材をスムースに共有し、効率的、効果的な情報発信活動を支援していく。また、具体的な内容の中には、ファン向けのサービス提供も含まれており、2017年からのWRC活動の模様をチームがどのように発信していくのか、ファンとしても期待が高まるところだ。

@toyota_europe / Twitter

@toyota_europe / Twitter

パリ・モーターショーのコンファレンスでは、トヨタの豊田章男社長も登壇し「マイクロソフトが目指すより豊かな社会の実現に向かう志は、私たちと同じだと確信している。今までの協力関係をベースに、モータースポーツにITを活用していくことで人とクルマをさらに鍛え、今後も“もっといいクルマづくり”を推し進めていく」と語った。

また映像で登場したマイクロソフトのCEO、サティア・ナデラは「ドライバーたちは、マシンの馬力と同じくらい、コンピューターの威力にも期待して欲しい」と語った。

トヨタは、WRC活動においては、DMG森精機、パナソニックともパートナー提携を結んでおり、パリ・モーターショーで展示されているヤリスWRCテストカーは、パートナー3社と、タイヤの供給メーカーであるミシュランのロゴを掲出したデザインとなっている。

RALLY CARS