全日本ラリー洞爺:オープニングのSSSは新井がトップタイム – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー洞爺:オープニングのSSSは新井がトップタイム

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第5戦「2016 ARK ラリー洞爺 Supported by Sammy」は、7月1日(金)の夕方にデイ1AとしてスーパーSSが行われ、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)がこのステージを制し、トップで初日のラリーに臨む。

この日のステージはサービスパークから徒歩10分に位置するSSS NEW VOLCANO。砂防ダムを利用したコースは全体が盆地のように一段低くなっているコースを、ギャラリーが外周から見られる。マシンの挙動やライン取りなどが非常に分かりやすいことから、ラリー初心者にも人気の観戦ステージとして知られている。

この金曜日のステージのみ、カーナンバーが後ろの選手から走るリバースグリッドを採用。トップは新井/田中組、2番手には全日本ダートトライアルにも参戦中の鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STi)、3番手に奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューション)がつける。ポイントランキングトップの勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)は、ミスコースしかけてトップから約10秒差となっている。

SS1終了後リザルト
1 新井敏弘/田中直哉 40秒3
2 鎌田卓麻/市野諮 40秒4
3 奴田原文雄/佐藤忠宜 40秒6
4 藤本鋼二/藤田めぐみ 41秒9
5 福永修/竹原静香 42秒0
6 マイケル・ヤング/保井隆宏 42秒1



RALLY CARS
RALLY CARS