米国内戦オレゴン、スバル同士の激戦を制してヒギンズが優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

米国内戦オレゴン、スバル同士の激戦を制してヒギンズが優勝

©SUBARU Rally Team USA

米国ラリー選手権ラリーアメリカ第3戦オレゴン・トレイルラリーが4月22〜24日、オレゴン州ポートランドで開催され、スバル・ラリーチームUSAのデイビッド・ヒギンズが、チームメイトのトラビス・パストラーナ(いずれもスバルWRX STI)との激戦を制して総合優勝を飾った。

ヒギンズとパストラーナは、2ステージを残して、その差6.3秒という接戦を展開。それでも「この週末は、この瞬間が一番差が広がっていた」とヒギンズのコ・ドライバー、クレッグ・ドリューはその壮絶なバトルを振り返った。

SUBARU Rally Team USA

SUBARU Rally Team USA

最終的にヒギンズは、パストラーナに9.5秒差をつけて優勝。これまでこのラリーに8回参戦したすべてで優勝を収めているヒギンズは
「両手で数え切れなくなるまで連勝を目指す」とユーモアも交えたコメントを残した。

オレゴン・トレイルラリー 最終結果
1 D.ヒギンズ(スバル) 1:29:43.4
2 T.パストラーナ(スバル) +9.5
3 B.ブフィエ(三菱) +3:22.9
4 G.プセック(三菱) +12:35.7
5 R.ミレン(トヨタ) +19:30.6
6 C.スティーレイ(フォード) +19:41.3



ワールドラリーカレンダー2020