【ラリーオブ嬬恋】東日本選手権、レグ2で黒岩満好が逆転首位に – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【ラリーオブ嬬恋】東日本選手権、レグ2で黒岩満好が逆転首位に

©RALLY PLUS

1月30日(土)、2日目を迎えたINTERNATIONAL RALLY of TSUMAGOIの東日本ラリー選手権部門は、初日2位の黒岩満好/永瀬浩一(三菱ランサーエボリューションⅨ)が37.9秒差のトップに躍り出た。

大荒れとなった初日とは一転、良好な路面コンディションで戦われた東日本ラリー選手権第2戦の2日目は、初日2位の黒岩がこの日のオープニングからSS6とSS7でベストタイムを連発し、初日首位の浅井恵二/小林剛(スバル・インプレッサWRX STI)を捉え逆転。その後もSS8、SS10、SS12でベストタイムを重ねる快走を披露した。

黒岩と37.9秒差の2位には、SS9とSS13のプリンスランド特設ステージでベストタイムを奪った草間一朝/菅野総一郎(スバル・インプレッサWRX STI)が浮上。初日トップの浅井は黒岩と54.3秒差の3位につけた。初日3番手の青山康/船木佐知子(スバルWRX STI)はSS7のコースオフが響きクラス5位となり、優勝争いは黒岩、草間、浅井の3台に絞り込まれた。

RALLY PLUS