無限とMOTULが高性能エンジンオイル2種を共同開発 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

無限とMOTULが高性能エンジンオイル2種を共同開発

©M-TEC&MOTUL

無限(M-TEC)とMOTUL(テクノイル・ジャポン)は、無限とMOTULの共同開発による高性能エンジンオイル「High Performance Oil MS-R」、「High Performance Oil MS-S」の2製品を新発売した。

MS-Rは、粘度設定0W40の100%化学合成油。2016年1月時点で最新のAPI SN規格相当の性能を持ち合わせるだけでなく、欧州の自動車メーカーが合同で策定している、API よりも高い性能が求められるACEA A3/B4規格もクリアする。基本骨格はSUPER FORMULAの2.0L直列4気筒ターボエンジンで開発されており、高温・高負荷・高効率エンジンに適した技術が投入されている。1Lボトル入りで3,900円(税別)。

MS-Sは、ベースオイルにエステルを配合した100%化学合成油。2016年1月時点でAPI SN 規格を有し、軽自動車、ハイブリッド車、コンパクトカーの多くに指定されている0W20という低粘度となっている。エステルの配合により低粘度オイルの懸念材料である油膜強度、油膜保持能力のみならず、熱酸化安定性も高め、高いエンジン保護能力を実現している。1Lボトル入りで2,800円(税別)。

テクノイル・ジャポン

RALLY CARS