世界RXのフォルクスワーゲン系2チームが合併 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界RXのフォルクスワーゲン系2チームが合併

©World RX

2015年の世界ラリークロス選手権にいずれもフォルクスワーゲン・ポロRXで参戦したマルクルンド・モータースポーツとフォルクスワーゲン・チーム・スウェーデンが、2016シーズンに向けて合併。新たにフォルクスワーゲンRXスウェーデン・チームを結成した。ドライバーは、ヨハン・クリストファーソンとアントン・マルクルンド。この発表は、12月11日、ストックホルムで行われたフォルクスワーゲン・スウェーデンとのコラボレーションによる記者会見で発表された。

マルクルンド・モータースポーツは、2014年にドライバーズ選手権、チームズ選手権の両シリーズで2位に食い込んでおり、2015年はクリストファーソンがドライバーズ選手権出3位に入った。

フォルクスワーゲン・モータースポーツのディレクター、ヨースト・カピートはこの合併について「フォルクスワーゲン・モータースポーツは、チームの戦略としての結果である今回の合併をポジティブに捉えている」とコメント。

「マルクルンド・モータースポーツとフォルクスワーゲン・チーム・スウェーデンとのコラボレーションは、モータースポーツで急成長を遂げているカテゴリーにおけるフォルクスワーゲンの位置づけを強化させるものとなる。さらに我々の能力を合わせる事で、ラリークロスでのさらなる成功への可能性が広がる」

チームは、マルクルンド・モータースポーツの施設で新マシンを製作するが、開幕直前には、フォルクスワーゲン・チーム・スウェーデンの拠点に移転するという。



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!