WRC、ラリーGBのセレモニーで犠牲者を追悼 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC、ラリーGBのセレモニーで犠牲者を追悼

©VOLKSWAGEN

WRCは、今季最終戦ラリーGBの開催中にフランスのパリで発生したテロ事件を受け、競技最終日の11月15日、ポディウムで犠牲者を追悼した。

ディーサイドに設置されたポディウムには、ドライバー、オフィシャル、チームスタッフ、観客が集まり、132名の犠牲者を追悼し、連続テロで負傷した何百人もの方々に思いを寄せた。

チームのユニフォームでトリコロールを表現し、ドライバー陣がフランス国旗を手にして、ラリー界からの強いメッセージを表した。

ポディウムセレモニーはその後続行されたが、トップ3のクルーによるシャンパンファイトは自粛された。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

セレモニー前に行われたパワーステージのフィニッシュでは、ラリーを制したフランス出身のセバスチャン・オジエとジュリアン・イングラシアが、ポロR WRCのフロントガラスをトリコロールで多い追悼の意を表した。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!