WRC GB:デイ3コメント「僕の2015シーズンを反映した週末」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC GB:デイ3コメント「僕の2015シーズンを反映した週末」

©VOLKSWAGEN

ラリーGB、ラリー終了後の各ドライバーからのコメント。パワーステージの勝利で意地を見せ、ドライバーズ選手権2位を死守したラトバラ。この週末を、激動の今季になぞらえた。*順位の()内は前日比

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合優勝(=)
「難しい状況の中でのラリーだった。今日のラリーGBでの勝利を、パリで起きた残虐なテロの犠牲者に捧げたいと思います。個人的には、これが小さなマイノリティに屈しないという意思表示でもある。これはWRC関係者全員が共有している心情だと思う。スポーツ的な観点からは、このリザルトは、自他共に認める完璧なシーズンに華を添えるもの。強烈なチームスピリットとフォクルスワーゲンの全員による素晴らしい仕事がなければ、なし得なかったこと。来年もこのように好調を伸ばしていくのは、難しくなっていく。ライバルたちは、冬の間もリラックスすることなく、差を詰めるために必死で取り組んでくるだろう。ラリーウェールズでの最終日は、何のトラブルもなかった。スペインとは違い、今回はパワーステージではリスクを負わないと決めた。今日はトリッキーなコンディションだったから、それが適切な戦略だった」

ヤリマティ・ラトバラ/総合51位
「全体として、簡単に行く週末ではなかった。パリでの事件が、スポーツイベントに暗い影を落とした。今日のような内容が最初からできればよかったと思う。いいリズムをつかみ、楽しく走る事ができた。さらに、今年あまり勝てなかったパワーステージも制することができた。しかし、波に乗る前に勝負が終わってしまっていただけに、なおさら悔しい。ラリーGBは、僕の2015シーズンを反映したかのようだった。でも、ポジティブに捉えていく。2年連続でドライバーズ選手権2位に入れたし、シーズン後半は本当にいい結果も出せた。来年に向けては、スタートとしていい位置につけられている。この後は、少し休暇を取ってから、2016シーズンのために集中して準備を始めるよ」

CITROEN

CITROEN

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

クリス・ミーク/総合2位(=)
「DS 3 WRCは週末を通して走り心地がよかったし、パフォーマンスがそれを反映している。非常に難しいラリーだったが、心から楽しめた。このウェールズを2位で終えたことは、シーズンの締めくくりとして、またマニュファクチャラーズ選手権2位を獲得したチームとして最高の形だ」

CITROEN

CITROEN

マッズ・オストベルグ/総合7位(↑)
「昨日の一件で、とにかくラリーを走り切ることに徹しなくてはならなくなった。いいシーズンを送ってきたし、マニュファクチャラーズ選手権2位で終えられたので、うれしい。年初に立てた目標を達成できたんだからね!」

ステファン・ルフェーブル/総合8位(↑)
「この週末はとてもタフで過酷なラリーだったけど、今回もたくさんのことを学んだ。DS 3 WRCの自信がだんだんと高まっているのを感じる。素晴らしいリザルトだし、充実したエキサイティングなシーズンをポジティブな形で終えられる。上位ドライバーとキロ当たり0.5秒差もなかったんだからね」

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合3位(=)
「ラリースペインでWRC初勝利を飾ったという思い出のシーズンの締めくくりとして、またポディウムでフィニッシュできるのは素直に最高。このGBでトップ3フィニッシュを果たしたのだから、とてもうれしいよ。土曜日の午前はスペアを1本しか積まず上位にプレッシャーをかけたが、2本目のSSでタイヤのダメージに見舞われてしまった。その後は、その中でのベストの状況を作った。コンディションはこの上ないほど難しかったけれど、ドライビングを満喫した。嵐のような天気の中でステージにいてくれたファンやマーシャルたちには、脱帽だよ。彼らがいい走りだったと思ってくれているといいね」

HYUNDAI

HYUNDAI

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ダニ・ソルド/総合4位(↑)
「全体としてはいい週末になったし、ウェールズでのパフォーマンスにはかなり満足している。もちろん、チームのために選手権2位を獲得できなかったことは残念だったが、全力を尽くした。ウェールズのステージはタフなので、自分たちの挑み方には満足していいと思う。最終的には4位を獲得できたので、この点は喜んでいい。2年目はポジティブな内容になったし、チームみんなの努力に感謝したい。スペインでのポディウムはもちろんハイライトだったが、ウェールズでの週末も楽しんだし、来季も楽しみにしている」

HYUNDAI

HYUNDAI

ヘイデン・パッドン/総合5位(↑)
「難しい週末だったが、トップ5に食い込めてよかった。シトロエンから2位奪取するのは難しい状況で最終日を迎えたが、その通りになってしまった。攻めたシーズンの終わり方には満足していいと思う。今週末も有意義だったし、とてもポジティブなシーズンになった。サルディーニャでのポディウムはもちろん、最高の思い出。もっと同じようなリザルトを出したかったが、2016年に狙っていく」

M-SPORT

M-SPORT

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

エルフィン・エバンス/総合6位(↑)
「全体的には、この週末はいいパフォーマンスができた。パンクがなければ、余裕で4位に食い込めたと思うが、これもラリーなんだということも分かっている。グラベルでのパフォーマンス向上に取り組んできたが、中盤グループではトップにつける内容だった。みんな、来年も走れるために充分な内容だったかと、ずっと聞いてくるけど、僕はそうだったと思っている。今季の最初はとても順調で、一時は選手権4位につけていた。マシンが新型に変わってからは少し苦戦したが、来季に向けて大きくステップアップできたと思っている」

M-SPORT

M-SPORT

オット・タナク/SS16でリタイア
「何が起きたのかを説明するのは難しい。いわゆるコースオフでもない。左タイヤがわずかにラインを外し、そこに石があったのでサスペンションのブラケットが壊れた。あっという間のことだった。今季は、それでもポジティブなことも多かった。サルディーニャ以降は、グラベルでは常にポディウム争いに絡んでいた。いつも順調という訳ではなかったが、マニュファクチャラーチームでの初めてのシーズンは、トップに挑める速さがあるということを証明したかった。ラリーは経験がとても重要なスポーツ。週末を通して速さを維持するには、経験を積まなくてはならないし、今年はそれを培うことができた」



RALLY CARS